アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

ソーラーシティ、住宅用太陽光発電システムの新たな提供策を発表

日本時間: 2015年7月4日 21時45分 公開

 ソーラーシティが新築住宅に設置する太陽光発電システムの新たな提供計画を発表しました。

 2015年4月にテスラモーターズは新参入の蓄電池事業の製品発表の場で、カリフォルニア州とハワイ州の消費者には関連企業のソーラーシティが「パワーウォール」を販売すると発表しました。その際、詳細については触れていませんでした。

 ソーラーシティは7月2日、新築住宅へ太陽光発電システムを設置する同社の「ホームビルディング・プログラム」における新たな計画を発表し、テスラの蓄電池を組み入れること、カリフォルニア州においては電力会社の固定料金に匹敵する特別価格で提供することなどを明らかにしました。

 新しいプログラムにはテスラ家庭用蓄電池「パワーウォール」、高性能化したハイブリッドインバーター、監視制御装置、サービス及び保証契約が含まれ、電力会社の管轄地域によっては「パワーウォール」にグリッド対応機能や時間帯で切り替わる機能なども追加されます。

 「パワーウォール」は従来のバックアップ用発電機に比べて燃料が不要な上に、静かで無臭であることから屋内・屋外どちらでも設置可能だと同社は述べています。
 別のテスラ提携会社ソーラーエッジ・テクノロジーが6月に発表した最適化インバーター技術の「ストレッジ」は、テスラの「パワーウォール」のみに対応した新製品で、予備電源への切り替えを自動制御します。

 ソーラーシティの「ホームビルディング・プログラム」はまた、カリフォルニア州の家庭向け電気料金の最低標準に匹敵するコストで太陽光発電システムを提供します。これにより州内のシステム利用者は初期費用をかけることなく今後20年間電気料金の値上がりを心配せずに節約に専念でき、住宅建築業者や顧客の目を大きく太陽光発電に向けさせることが可能になります。
 
 同社は新プログラムの予約受付を開始しました。

 ソーラーシティ株は7月2日に0.25%下落の52.27ドルの終値をつけました。年初来では2.26%の下落です。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アルファベット   ブリンゴ   バラクーダ・ネットワークス   ファースト・トラスト・ISE・ウォーター・インデックス・ファンド   パネラ・ブレッド   グラブハブ   ワブコ・ホールディングス   パワーシェアーズ・アクティブ・US・リアルエステートETF   リージェンシー・センター・コーポレーション   メディシノバ   モルガン・スタンレー・アジア・パシフィック・ファンド   ブラックロック・マルチセクター・インカム・トラスト   Direxion Daily S&P Biotech Bear 1X Shares   iシェアーズ・MSCI・インドネシア ETF   マリンソフトウェア   ディレクション・デイリー・ファイナンシャル・ベア・3X・シェアーズ   パーカー・ドリリング   プロシェアーズ・ウルトラプロ・ショート・ラッセル2000   ファースト・トラスト・エナジー・インフラストラクチャー・ファンド   エヌビディアコーポレーション   サイズミック  

このニュースの関連企業・銘柄

ソーラーシティ<SCTY>
テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング