アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

ペイパル、ズームを8億9000万ドルで買収

日本時間: 2015年7月3日 1時30分 公開

 イーベイのオンライン決済サービス部門ペイパルは、イーベイからの分離を前に、海外送金サービスのズームを8億9000万ドルで買収することで合意しました。

『サンノゼ』によると、ペイパルは、ズームを1株25ドルで買収します。これは、2015年7月1日のズームの20.70ドルの終値を21%上回ります。同社は、2016年度の1株当たりの利益が減少する見通しであると述べています。

分離後にペイパルの最高経営責任者(CEO)に就任するダン・シュルマン氏は、この海外送金サービスは6,000億ドル市場になると推定しています。

サンフランシスコを拠点とするズームは、米国の顧客向けに、携帯電話、タブレット、またはコンピュータを使用して世界中の友達や家族に、1回につき3,000ドルを上限として送金することを可能にしています。

同社は、2015年3月末までの1年間で、130万人のユーザーが、メキシコ、中国、インドなど37ヶ国に、70億ドルの海外送金を行ったと述べています。 また、ズームの第1四半期の売上高は、24%増の4,440万ドルでした。

シュルマン氏は、「ズームの買収は、第4四半期に完了する予定で、ペイパルは、6,800万人の米国の顧客に海外送金できるようになります。このサービスのニーズは高く、ズームの顧客と重複しません。また、ズームの約90%がリピート顧客であり、取引の60%がモバイル機器によるものです」と述べています。

 イーベイは、2014年に、投資家であり、株主活動家のカール・アイカーン氏により、ペイパルのオンライン決済サービス部門での成長が鈍化していると批判したことを受け、2015年にペイパルをスピンオフする計画を発表しました。 スピンオフは7月下旬に行われる予定です 。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

CSI・コンプレスコ   トランスカナダ   ナチュラル・グローサーズ・バイ・ビタミン・コテージ   インガーソルランド   アメリカン・エキスプレス   パルス・バイオサイエンス   マステック   本田技研工業   アバゴ・テクノロジーズ   アーク・ドキュメント・ソリューションズ   エントラビジョン・コミュニケーションズ   トヨタ自動車   アルファベット   ビップショップホールディングス   アミリス   iシェアーズ・ラッセル2000・インデックス・ファンド   ブリストル・マイヤーズ・スクイブ   ソニー   ソフトバンク   スプリント・ネクステル   イートンバンス  

このニュースの関連企業・銘柄

イーベイ<EBAY>
ズーム・コーポレーション<XOOM>

リアルタイム・検索ランキング