アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アリババ、中国のKFCと組んでオーツーオーサービスを展開

日本時間: 2015年7月1日 18時56分 公開

 『フィナンシャルタイムズ』によると、2015年6月30日にアリババは、中国のKFCのパートナーとなりました。この取引の内容は、今後KFCの消費者が商品を購入する際、スマートフォンを通じてアリババのアリペイと呼ばれる決済サービスを利用できるようになる、というものです。

 アリババにとって、KFCとパートナーを組んだことは大きな発展となります。KFCは900都市で計5000件のレストランを経営しています。KFCはアリペイサービスを提供する3番目に大きい小売業者になるために、ウォルマートやフランスの小売企業であるカルフールの後に続いています。

 急速に成長を進めているオーツーオーとは、ユーザーがスマートフォンを通じてレストランやタクシーを探して、支払いをするといったように、実際にある場所とデジタルなものの領域を組み合わせたサービスを指します。これは、オンラインショッピングを活用するユーザーを、実際の店舗に導かせる目的があります。

 また、アリババのようにオーツーオーサービスを展開している大手企業があります。それは中国の検索エンジンを提供する企業であるバイドゥーです。バイドゥーは2018年にかけてオーツーオーの領域に32億ドルを投資することを発表しました。

 このように中国でのイーコマース市場の売り上げが減少していく中、新しい領域に踏み入る企業があるのは珍しくありません。

 

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ウィリアムズ・カンパニーズ   ザ・バルスパー   スカイ・ソーラー・ホールディングス   トヨタ自動車   ガイドワイヤ・ソフトウェア   アルファベット   LMPコーポレート・ローン・ファンド   ノキア   コグネックス   ビザ   Dehaier Medical Systems Limited   ワージントン・インダストリーズ   百度公司   マイクロン・テクノロジー   マーケット・ベクトル・アフリカ   Actions Semiconductor Co. Ltd.   プルートグループ   テスラモーターズ   レントラック   アルファベット   アメディカ  

このニュースの関連企業・銘柄

アリババ・グループ・ホールディング<BABA>

リアルタイム・検索ランキング