アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

ディズニー、インタラクティブ・メディア部門と消費者向け製品部門を統合

日本時間: 2015年6月30日 22時7分 公開

 ディズニーはビデオゲームやデジタル製品を制作するインタラクティブ・メディア部門と玩具の制作やディズニーのライセンスを供与している消費者向け製品部門を統合することを2015年6月29日に発表しました。

 インタラクティブ・メディア部門と消費者向け製品部門の両部門はデジタル製品やデジタル技術を用いた玩具を制作していたことから製品による部門別の線引きが難しくなっていました。またインタラクティブ・メディア部門はビデオゲーム「インフィニティ」の成功で2014年は1億1600万ドルの営業利益を出していますが、2011年以降売上は減少していました。ディズニーの数ある部門のなかでも4番目に大きい消費者向け製品部門はディズニーの総売り上げの8%を占めていることから両部門の統合で今後のさらなる相乗効果を得ることができます。

 ディズニー最高執行責任者(COO)のトーマス・スタッグ氏は最先端の技術を用いて両部門がお互いの強みを活かせば消費者の期待を上回る独創的で魅力的な製品を制作することができるであろうと今回の統合による新部門の成長に期待しています。

 この統合による新部門では消費者向け製品部門の社長レスリー・フェラーロ氏とインタラクティブ・メディア部門の社長ジミー・ピタロ氏が協力して運営していきます。また2016年9月期から両部門を合わせた売上高を報告する予定です。今までの財政報告から新部門での年間売上を52億8000万ドル、営業利益を約14億7000万ドルと予想しています。

 またディズニーの広報によるとこの統合による人員削減はないとのことです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アルファベット   ライト・エイド   インベストメント・テクノロジー・グループ   ポズン   マクドナルド   ゴー・プロ   エヌビディアコーポレーション   SPIエナジー   Saratoga Resources   フォード・モーター   シェイク・シャック   フェラーリ   ギリアドサイエンシズ   KKR Financial Holdings LLC 8.375% Senior Notes due 2041   セントラル・パシフィック・ファイナンシャル   iシェアーズ・S&P・GSCI・コモディティ・インデックス・トラスト   アップル   ゼロックス   フォックス・チェイス・バンコープ   アドビシステムズ   テスラモーターズ  

このニュースの関連企業・銘柄

ウォルト・ディズニー<DIS>