アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラのバッテリー交換システムにドライバーは興味示さず

日本時間: 2015年6月29日 22時7分 公開

 2015年6月に開催されたテスラモーターズの年次株主総会でイーロン・マスクCEOは、同社のバッテリー交換システムはあまり人気がないようだと報告しました。そして今回、ジェフリーズの調査がその傾向を裏付けました。ダン・ドレブ氏率いるジェフリーズのアナリストチームのアンケートに回答したうちの54%が、テスラのバッテリー交換システムにはあまり興味がないと答えました。

 テスラのバッテリー交換システムは、2013年に画期的な技術として鳴り物入りで紹介されました。充電スタンドで時間をかけてリチャージする代わりに、残量の減ったバッテリーをわずか90秒でフルチャージのものに交換するというシステムです。モデルSのリチャージ方法として選択肢をもうひとつ増やすわけで、特に早くリチャージしたい場合には有効です。費用は60~80ドルかかります。

 マスクCEOによれば、交換スタンドに招待したモデルSのドライバーのうち、この技術に興味を示したのはほんのわずかだったということです。バッテリー交換のできるスタンドはカリフォルニア州のロサンゼルスとサンフランシスコの間に位置しています。

 盛り上がりに欠ける調査結果についてドレブ氏は、リチャージ技術の向上が影響しているものと見ています。テスラのスーパーチャージャーの充電速度は向上し、40分で80%のリチャージが可能です。

 マスク氏も、車のリチャージは食事をとったり足腰を伸ばしたりする休憩を利用して時間をとることから、バッテリー交換よりも時短化されたスーパーチャージャーのほうがより好ましい選択肢なのだろうと述べています。

 バッテリー交換システムはあまり興味を得られなかったという結論により、システムの展開は打ち切られるかもしれません。しかし、テスラにとっては必ずしも失敗ということにはなりません。この実験的プロジェクトで得られた成果をどこか他で活用することもできるでしょう。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

キンダー・モーガン   マイクロソフト   モリーナ・ヘルスケア   シュニッツァー・スチール・インダストリーズ   アルファベット   エヌビディアコーポレーション   シリウスXMラジオ   シートリップ・インターナショナル   アプライド・マテリアルズ   ペトロブラス   CGIグループ   バイオタイム   シークアンス・コミュニケーションズ   ライフタイム・フィットネス   イートン・バンス・ニューヨーク・ミュニシパル・インカム・トラスト   コンバンタ・ホールディング   ギリアドサイエンシズ   Nuveen Connecticut Premium Income Municipal Fund   アクティビジョン・ブリザード   セルジーン   ASMLホールディング  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング