アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

マイクロソフト、ホロレンズでNASAとの共同プロジェクト開始

日本時間: 2015年6月27日 0時11分 公開

 マイクロソフトは、米航空宇宙局(NASA)と協力し、サイドキックと呼ばれる新しいプロジェクトを開始しました。このプロジェクトで、マイクロソフトは、国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士に拡張現実(AR)ヘッドセット「ホロレンズ」を提供します。

 情報筋によると、ホロレンズは、2015年6月28日に打ち上げられる、民間の輸送機スペースXに、7回目の物資補給としてISSに届けられる予定です。
また、NASAは、2015年度末には、宇宙飛行士が、ホロレンズを使用した作業を開始できると見込んでいます。

 ホロレンズは、主に2つのモードで宇宙飛行士をサポートできるよう設定されています。
 「リモートエキスパートモード」では、マイクロソフトのスカイプを利用し、ホロレンズを装着した宇宙飛行士が見ている映像を、地上のオペレーターに送ることができます。 これにより、地上チームは、宇宙飛行士が複雑な作業をする時に、リアルタイムで説明をすることができるようになります。

 「プロシージャーモード」では、宇宙飛行士が作業をする際、作業対象上にホログラフアニメーションよる説明を表示して作業を進めることができます。 これにより、通信が困難であることや通信の遅延といった問題が解決され、将来の乗組員のトレーニング時間が短縮されることが見込まれます。

 国際宇宙ステーションディレクターのサム・シメミ氏は、「この新技術は、火星への旅で、高い判断力を必要とする将来の探検家に力を与えることができるかもしれません」と述べました。

 また、このプロジェクトの成果を試すために、マイクロソフトとNASAのエンジニアは、無重力ジェット機「Wonder C9」で試験を行い、宇宙の無重力状態で正常に動作することを確認しました。

 さらに、ホロレンズは、7月21日から開始される、NASA極限環境ミッション運用(NEEMO)20の遠征にも使用されます。このプロジェクトでは、エンジニアと宇宙飛行士が、宇宙探査と同様な環境にある、地球に一つしかない、アクエリアスと呼ばれる海底調査局に2週間滞在する予定です。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

インパーバ   ホーム・デポ   ジェネシス・ヘルスケア   バンジ・リミテッド   アルファベット   スリーエム   Farmland Partners Inc.   ProShares Short Dow30   ロジャーズ・コミュニケーションズ   ファースト・トラスト・ナスダック・クリーン・エッジ・グリーン・エナジー・インデックス・ファンド   ファブリネット   パンドラ・メディア   ブラックロック・ミュニシパル・インカム・インベストメント・クオリティ・トラスト   Perion Network Ltd   Andina Acquisition Corp II   JPモルガン・チェース   エイジオン   グローバル・エックス・シルバー・マイナーズETF   ウィズダムトリー・インターナショナル・スモールキャップ・ディビデンド・ファンド   PowerShares Buyback Achievers   LHCグループ  

このニュースの関連企業・銘柄

マイクロソフト<MSFT>

リアルタイム・検索ランキング