アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

グーグル、ゲノム分析のクラウドツール開発でMIT・ハーバードと協力

日本時間: 2015年6月25日 1時41分 公開

 グーグルの提供する、ゲノム情報の保管、処理用の研究者向けクラウドツールGoogle Genomicsが、研究機関ブロードインスティチュートと提携していたことがわかりました。共同で開発されたソフトGenome Analysis Toolkit (GATK)はすでに入手可能な状態で、これまでに20,000人ものユーザーが利用しています。

 様々な治療法が、一人一人異なるDNA配列にどのような影響を与えるのか、という情報を保管・シェアできれば、個々のDNAの配列に基づいたオーダーメイドの治療で様々な病気を治せる可能性が広がります。そのためには、膨大な量のストレージ・クラウド技術が必要です。1人の人のゲノムデータを保存するには、実に100ギガバイトものストレージが必要となるのです。

 グーグルにはその技術があり、また、ゲノム研究に関する莫大なデータを抱えてもいる一方、データを処理してくれる頭脳を必要としていました。そこで白羽の矢が立ったブロードインスティチュートは、ハーバード大学・マサチューセッツ工科大学という二大大学をパートナーとし、最高峰の頭脳と技術を持つ、生物医学・ゲノムの研究機関。すでに140万人以上のサンプルについてデータの整備が完了しており、両者の協力関係は非常にうまくいっているようです。

 ブロードインスティチュートのエリック・ランダー氏は「大規模なゲノム情報が得られれば、癌や肥満、精神の不調など、様々な病気の治療法の進歩につながるでしょう。生物医学の研究者たちにとって、ゲノム情報の管理・分析は必要な技術になっていくに違いありません」と述べています。

 グーグルとブロードインスティチュートはこれから、GATKをクラウド上で使えるようにしていきます。最初は限られたユーザーのみへの公開になるでしょうが、長期的には、あらゆる研究者、学生、エンジニアがゲノムの情報をシェアし、保管し、分析するために利用できる状態を目指していくでしょう。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

Equity Commonwealth of Beneficial Interest   ホーム・デポ   Simon Property Group Inc. Group 8 3/8% Series J Cumulative Redeemable Preferred Stock   マーサー・インターナショナル   アイアンマウンテン   シンタ・ファーマシューティカルズ   インパーバ   ジェネシス・ヘルスケア   バンジ・リミテッド   アルファベット   スリーエム   Farmland Partners Inc.   ProShares Short Dow30   ロジャーズ・コミュニケーションズ   ファースト・トラスト・ナスダック・クリーン・エッジ・グリーン・エナジー・インデックス・ファンド   ファブリネット   パンドラ・メディア   ブラックロック・ミュニシパル・インカム・インベストメント・クオリティ・トラスト   Perion Network Ltd   Andina Acquisition Corp II   JPモルガン・チェース  

このニュースの関連企業・銘柄

アルファベット<GOOGL>
アルファベット<GOOG>

リアルタイム・検索ランキング