アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アマゾン、キンドルの著者向けに新利益分配システムを導入

日本時間: 2015年6月23日 19時5分 公開

 アマゾンは、キンドルの著者向けに新しい利益分配システムを導入します。
 現在、同社は、毎月の書籍のダウンロード数に応じて、著者への利益配分を決定していますが、新システムにより、読者に読まれたページ数に基づいて支払額を決定することになります。

 『アトランティック』によると、アマゾンは、キンドルの(アマゾンで電子書籍を出版した)著者の利用規約を変更しました。この新システムは、同社の定額制読み放題サービス「Kindle Unlimited」に導入され、読者に読まれた書籍のページ数をカウントする予定です。

 報告書によると、この新システムは、著者より、書籍のページ数ではなく、読者に読まれたページ数に基づいて利益を配分するよう、改善を求める声が上がっていたことにより導入され、2015年7月1日から開始します。

 読者がページを読むのに一定の時間を費やしている場合、読まれたページ数にカウントされ、著者に利益が分配されます。

 アマゾンは、「100ページの本が100回ダウンロードされ、完読されれば、著者は、1,000ドルの収入を得ることになります。」同様に、「200ページの本が100回ダウンロードされても、途中までしか読まれなかった場合も、約1,000ドルの収入を得ることになります。」と、説明しました。

 この新システムは、キンドルプラットフォームで配信している電子書籍を刺激する効果があると思われます。著者が長編小説を出版し、読者が読んで気に入らない場合、収入が減る可能性があります。反対に、面白い小説を出版して読者が完読すれば、収入が増えることになります。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アルファベット   Northrim BanCorp Inc   アポロ・グループ   ProAssurance Corporation   アイシス・ファーマシューティカルズ   プロシェアーズ・ウルトラショート・ユーロ   AMCON Distributing Company   Heska Corporation   Vantage Drilling Co   Libbey Inc.   Nuveen Global Income Opportuni   Newtek Business Services Corp. 7.00% Notes Due 2021   チップモス・テクノロジーズ(バミューダ)   DB Commodity Double Long ETN due April 1 2038   PNC Financial Services Group Inc.   G-IIIアパレル・グループ   PIMCO Enhanced Short Maturity Active Exchange-Traded Fund   アイル・オブ・カプリ・カジノズ   ETFSフィジカル・パラジウム・シェアーズ   VALE S.A.   iシェアーズ・リアルエステート・インデックス·ファンド  

このニュースの関連企業・銘柄

アマゾン.com<AMZN>

リアルタイム・検索ランキング