アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テイラー・スイフトがアップルの目を覚ます

日本時間: 2015年6月22日 22時7分 公開

 ポップミュージックスターのテイラー・スイフト氏とアップルの間には様々な問題があります。彼女は音楽配信サービスのスポティファイにアルバム「1989」の提供を拒否しました。スポティファイが彼女に無料での楽曲提供を申し出たためです。アップルもアップルミュージックの3か月の無料トライアル期間中の楽曲の無料提供を求めました。

 彼女は「私の曲を配信したいなら使用料を払って。」と主張しました。アップルは3か月の無料トライアル期間中にアーティストに使用料を支払う予定はありませんでした。

 しかし、2015年6月21日の深夜に「3か月の無料トライアル期間中もアーティストに使用料を支払う。」と方針変更の旨を発表しました。『リコード』によると、彼女はツイッター上で「アップルの方針変更に安心した。」とコメントしました。

 当初アップルはアーティストへの支払いのために2000億ドルを用意していました。しかし同社は支払いをしないと決定していました。

 音楽配信サービスの将来はスイフト氏の手のなかにあるようです。スポティファイは無料サービスユーザーは後に有料会員になると主張しています。スポティファイは1500万人の会員がおり、同社の主張の正しさをある程度証明しています。

 スポティファイは収益の数パーセントをアーティストに支払っています。無料配信された楽曲に対するアーティストへの支払いはありません。アップルも同様のアプローチを試みましたが、スイフト氏の言葉で目を覚ましました。

 スイフト氏はアップルに手を貸した形になります。彼女の楽曲をアップルに提供することで、無料音楽配信サービス業界のバランスを変化させることになるからです。

 スイフト氏とアップルのライバルはスポティファイの他にグーグルもいます。彼女への支払いはスポンサー広告やユーチューブからの支払いと対峙することになるでしょう。今回の出来事は無料か有料のどちらのサービスが優れているかを確認する良いテストになります。

 彼女の楽曲「ブランクスペース」は2015年11月にユーチューブで配信を開始して以来9億回以上再生されています。アップルミュージックはそれに勝つことができるのでしょうか。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アルファベット   iShares MSCI Global Energy Producers Fund   インテュイティヴ・サージカル   イノスペック   Pioneer High Income Trust of Beneficial Interest   ヘクセル・コーポレーション   ぺガシステムズ   ピムコ・カリフォルニア・ミュニシパル・インカム・ファンド   バイコー   カーニバル・コーポレーション   クレイ   ASMLホールディング   Harsco Corporation   オーウェンズ・アンド・マイナー   プロクターアンドギャンブル   チャイナ・イースタン・エアラインズ   ティファニー   F5ネットワークス   ゴールドコープ   シスコ   Two River Bancorp  

このニュースの関連企業・銘柄

アルファベット<GOOG>
アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング