アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アリババとフォックスコン、ソフトバンクのロボット事業に提携

日本時間: 2015年6月19日 0時2分 公開

 アリババとフォックスコンは、ソフトバンクのロボット「Pepper」の販売を促進するため提携することを発表しました。
両社は、ロボット事業の国内、海外市場への拡大に向けて、ソフトバンクを支援します。

 アリババとフォックスコンの両社は、それぞれ1億1800万ドルを出資します。ソフトバンクロボティクスホールディングスへの出資比率は、ソフトバンクが60%、アリババとフォックスコンがそれぞれ20%となります。

 Pepperは、人間の感情を理解する能力を持っているといわれる、121センチのヒト型ロボットで、2014年に発表されました。 
そのロボットは、小売店でアシスタントをしたり、学校で子供たちに教えたり、高齢者の世話をするなど、様々な仕事をすることができます。

 同社からの投資は、アジアだけでなく数多くのグローバル企業にサービスを提供し、幅広いネットワークを持っているので、重要なパートナーだと言えます。
 特にアリババは、中国において、巨大な電子商取引市場や大規模な顧客基盤があります。
同社は、「ソフトバンクと協力し、世界市場に、をはじめとしたロボットを提供し、ロボット産業の促進を目指します」と述べました。

 ソフトバンクは、専門的技術を生かし、世界中でロボット販売を促進できると見込まれています。 同社の社長兼最高経営責任者(CEO)孫氏は、「ロボットを発売して以来、さらに開発を進めてきました。ロボットは、感情を読み取るだけでなく、表現する能力もあります」と述べました。

 日本では、2015年6月20日に、約1,600ドルでロボットの販売を開始する予定です。 初回販売は1,000台で、原価で本体を販売し、アプリの販売で利益を得る計画です。顧客は、基本プランに加入し、月額200ドル支払う必要があります。

 ソフトバンクは、「Pepperはまだ初期段階であり、すぐにビジネスモデルを構築することを計画しています」と述べました。 同社の計画は意欲的ですが、ロボットが広く受け入れられるかどうか分からないので、アナリストは、この計画は「非常に危険」であると警告しています。

 また、ロボットは、現在あまり器用ではなく、平面のみしか移動することができず、使用が制限されるため、アップグレードが必要です。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

エヌビディアコーポレーション   フェイスブック   テスラモーターズ   アリババ・グループ・ホールディング   iシェアーズ・好配当株式ETF   グラッドストーン・インベストメント   ビザ   エクスペディア   シェイク・シャック   Taubman Centers Inc. Preferred Series K   スターバックス   プルデンシャル・ファイナンシャル   エーティーアンドティー   ペトロブラス   キャス・インフォメーション・システムズ   プロクターアンドギャンブル   アルファベット   コグネックス   プロスペリティ・バンクシェアーズ   ファウンデーション・メディシン   バー・ハーバー・バンクシェアーズ  

このニュースの関連企業・銘柄

アリババ・グループ・ホールディング<BABA>
ソフトバンク<SFTBF>

リアルタイム・検索ランキング