アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

ウォルマートとコストコ、どちらに投資するべきでしょう

日本時間: 2015年6月15日 23時37分 公開

 ウォルマートとコストコは、どちらもディスカウントストアの最大手として小売ビジネスの最先端を走り続けています。
投資家にとってはどちらの株を買うべきか悩む所ですが、2社の違いを比べてみると何か手がかりがつかめるかもしれません。

 まず初めに、ウォルマートとコストコはそれぞれが別の戦略とビジネスモデルも持っており、全く異なる小売形態をとっています。
コストコは倉庫型の店舗を基本とした経営をしており、商品の売り上げでは無く、消費者の支払う年会費が大半の利益を占めています。
対して、ウォルマートは世界中に11,400店舗を置くスケールの大きい経営を売りにしており、2015会計年度にはおおよそ4860億ドルの総売上高を記録しています。

 顧客満足度に注目してみると、コストコはアメリカの小売店が対象となる顧客満足度調査において2001年から毎年1位をとり続けておりウォルマートに勝っています。更にコストコは売り上げを伸ばし続けており、投資家に対する配当金の額は毎年増加しています。
 賢い投資をする上では、経営状況や成長度に加えて株価も重要な要素となります。ウォルマートの株価はコストコに比べて安いのが特徴で、配当利回りは2.7%とコストコの1.1%に比べると高いことがわかります。

 安く株を買い、安定した配当を得たい投資家にとってウォルマートへの投資は良い選択と言えます。対してコストコは今後も配当金が増加することが考えられるため、数年後に総収益率がウォルマートを上回ることを見越して投資することも1つの選択です。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

CGG   フェイスブック   ノバゴールド・リソーシズ   Associated Banc-Corp Depositary shares each representing a 1/40th ownership interest in a share of 6.125% Non-Cumulative Perpetual Preferred Stock Series C   ゴー・プロ   ヨーク・ウィンドウ   ギリアドサイエンシズ   テスラモーターズ   ICICI銀行   フィットビット   シバニェ・ゴールド   コナミ株式会社   CYS Investments Inc Cumulative Redeemable Preferred Series A   アルファベット   スパニッシュ・ブロードキャスティング・システム   Grupo Aeroportuario Del Pacifico S.A. B. de C.V. de C.V.   インフィニティティカル   Global X Guru Activist ETF   ウィズダムツリー・ドレフュス・ユーロETF   ボナ・フィルム・グループ   ウィリアムズ・カンパニーズ  

このニュースの関連企業・銘柄

コストコ<COST>
ウォルマート・ストアーズ<WMT>

リアルタイム・検索ランキング