アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

ゴープロのライバルのパロットが新たに13機種を発表

日本時間: 2015年6月15日 19時7分 公開

 ゴープロのライバルのパロットが低価格のドローン13機種を発表しました。これには、ハイドロフォイル(防水対応モデル)、ジャンピング(オフロードモデル)、エアボーン(飛行モデル)があります。パロットはスマートフォンで操作可能なドローンで知られるフランスの電気企業です。

 パロットは新機種をフランスだけでロンチしました。販売価格は高いもので200ユーロです。イギリスでは2015年7月2日に発表イベントが予定されています。ハイドロフォイルのロンチはパロットにとって特別なものとなりました。ハイドロフォイルにはエアボーンが装備されており価格は169ユーロです。ユーザーはエアボーンをハイドロフォイルに取り付けるだけでハイドロフォイルを起動することできます。水上の操作もスマートフォンで可能です、エアボーンのカメラを利用して画像を確認することができます。時速6マイルで航行し7分間水中にいることができます。

 エアボーンモデルはカーゴ(昼用)とナイト(夜用)の2種類で、販売価格はそれぞれ99ユーロと129ユーロです。重さは58グラムで同社のモバイルアプリのフリーフライト3でブルートゥースを通じて操作します。ユーザーはVGA写真を1GBまでメモリーカードに記録することできます。ビデオは撮影できません。時速11マイルで飛行しアクロバットな動きも可能です。ナイトはモールス信号が発せるLEDを搭載しています。

 ジャンピングは遠隔操作可能なタイヤが2つ搭載されており、32インチまでジャンプできます。4GBのメモリーカードに動画を保存することができます。ジャンピングはLED搭載のナイトモデルとレースの2種があり、時速8マイルで走行可能です。販売価格はともに199ユーロます。

 ゴープロCEOニック・ウッドマン氏は2015年5月のコードカンファレンスでドローン技術を徹底的に調べているとコメントしました。また同社が2013年中頃がらドローンの開発に取り組んでいることも明らかにしまた。
 ゴープロがドローン業界参入することで提携関係にあった3Dロボット(ゴープロカメラを同社のドローンに公式に採用)とはライバルになります。

 今後はパロットやゴープロを含むドローンメーカーが消費者を魅了するサービスを展開し、イノベーションを起こしてくれるでしょう。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

iシェアーズ・MSCI・インターナショナル・デベロップド・モメンタム・ファクターETF   アマゾン.com   セールスフォース・ドットコム   バンガード・ハイ・ディビデンド・イールド・インデックス・ファンド   アルファベット   サービスナウ   ビザ   ローワン・カンパニーズ   フェイスブック   ティファニー   ProShares Trust Morningstar Alternatives Solution ETF   ペイパルホール・ディングス   Barclays PLC American Depositary Shares   プルデンシャル・ファイナンシャル   ウェストパック銀行   ゴールド・フィールズ   コカ・コーラ   ツイッター   アルファベット   ブラックロック   ネットフリックス  

このニュースの関連企業・銘柄

ゴー・プロ<GPRO>

リアルタイム・検索ランキング