アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

ペトロブラスは支出とリグカウントの削減により業績回復目指す

日本時間: 2015年6月13日 23時37分 公開

 ブラジルの石油会社であるペトロブラスが、支出とリグカウント(掘削機による掘削数を指す、原油生産に先行するデータ)の削減を行おうとしています。

 ペトロブラスは2014年3月に発覚した汚職では、過去10年近く取引先との水増し契約により100億レアルもの裏金をつくるとともに、有力政治家への違法献金を行っていたとしてブラジル全体を揺るがす大問題へと発展しました。

 2015年5月23日に行われた2014年決算に関する電話説明会では、汚職疑惑に関係する負債を含めた評価損としておよそ170億ドルを計上しています。このスキャンダルの影響は同社だけにとどまらずダイヤモンド・オフショア・ドリリング、エンスコといった海外の採掘事業者にも広がっています。

 ペトロブラスは事件後すぐに新たなビジネスプランを発表しましたが、他にも悪いニュースがあるのではないかという疑惑は消えていません。2014年7月以来原油価格は40%ダウンしています。同社は探索・生産費用の問題からリグカウントを削減し、2013年中期からブラジルの総合建設会社であるシャヒーンとのリース契約をキャンセルしました。シャヒーンはペトロブラスに対し訴訟を起こす構えです。

 ペトロブラスの負債は現時点でおよそ1250億ドルと世界でも類を見ないほどです。137億ドルの資産売却とともに30%の支出削減を予定していますが、同社の資本予算は2015年から2019年までの間に現在の約2206億ドルから1500~1600億ドルに低下することが予測されます。

 金融専門誌『バロンズ』では、ペトロブラスは2016年には悪い材料も底をつき、2017年からは少しずつ回復の兆しを見せるだろうと予測します。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

セブンティ・セブン・エナジー   シナジーバ・バイオファーマ   ProShares Ultra Russell2000   First Trust Developed Markets Ex-US AlphaDEX Fund   ファースト・データ   アルブータス・バイオファーマー   CGG   ASMLホールディング   インストールド・ビルディング・プロダクツ   アカマイ・テクノロジーズ   ボストン・サイエンティフィック   スピードウェイ・モータースポーツ   タイタン・インターナショナル   ベロシティシェアーズ・3x・ロング・ゴールドETN   シスコシステムズ   バンガード・米国中期債券ETF   レストラン・ブランズ・インターナショナル   Oncobiologics Inc. Series B Warrant   コーエン&スティアーズ・グローバル・リアルティ・メジャーズ・ETF   ペイパルホール・ディングス   ザイオン・オイル・アンド・ガス  

このニュースの関連企業・銘柄

ペトロブラス<PBR>

リアルタイム・検索ランキング