アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

フェイスブック、年に一度の株主ミーティングを開催

日本時間: 2015年6月13日 4時7分 公開

 フェイスブックは2015年6月12日、カリフォルニア州サンタ・クララのマリオット・ホテルで年一回の株主総会を開催しました。
すでにセーフティチェックやアンバーアラートといった様々なサービスを開発しているフェイスブックですが、最高経営責任者(CEO)のマーク・ザッカバーグ氏は、「このようなサービスに、より焦点を当てていくべきだ」と発言しました。

 また同氏はメッセンジャーアプリの利用者についても言及しました。このアプリのユーザーは7億人を突破しており、3月から5月にかけて利用者数は1億人増加しています。一方、メッセージアプリケーションであるワッツアップは、利用者8億人を誇っています。
 
 さらに、総会において提出された案に対する株主の議決権を変更しようという、「1株1議決権」も提案されました。
現在、フェイスブックはAクラス、Bクラスといった二つのクラスの株を提供しています。新規株式公募の前に投資した投資家はBクラスの株を持つことになり、一つの株ごとに10回投票することができます。一方、新規株式公募の後に投資した投資家はAクラスの株を持つことになり、一つの株ごとに1回投票することができます。
この投票構造の変更は二つのクラスが平等な投票力を持つために提案されましたが、最終的には否決されています。

 ミーティングにおいて、ネットフリックスの最高経営責任者(CEO)リード・ヘイスティング氏やフェイスブックの最高執行責任者(COO)シェリル・サンドバーグ氏を含む8名のフェイスブックディレクターが再選されました。

 ザッカーバーグ氏はさらに『Internet.org』についても言及し、「インターネットは世界の三分の一の人々の間でのみ使用可能であり、フェイスブックは低価なインターネットサービスを途上国に提供していかなければなりません」と述べました。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

Northrim BanCorp Inc   Blackrock Muni Intermediate Duration Fund Inc   ナショナル・シネメディア   イグニタ   フェイスブック   エンデバー・シルバー   インテル   iシェアーズ米国優先株ETF   アリババ・グループ・ホールディング   iシェアーズMSCI USAミニマム・ボラリティETF   WisdomTree Brazilian Real Strategy Fund   ウィスダム・ツリー・ミッドキャップ・ディビデンド・ファンド   ナノスフェア   スプランク   エイチエイチグレッグ   テウクリウム・WTI・クルード・オイル・ファンド   エンドゥチョイス・ホールディングス   ムーディーズ   アルファベット   レント・ア・センター   エレメンツ・モーニングスター・ワイド・モート・フォーカス・トータル・リターンインデックス連動ETN  

このニュースの関連企業・銘柄

フェイスブック<FB>
ネットフリックス<NFLX>

リアルタイム・検索ランキング