アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドがバンク・オブ・アメリカにブローカー業務を委託

日本時間: 2015年6月12日 19時30分 公開

 2015年6月、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)がバンク・オブ・アメリカ(BAC)にブローカー業務を委託したと多くのメディアが報じています。また、RBSは現在一部国有化状態ですが、BACの金融部門の頭取であるジム・オニール氏がRBS民営化のアドバイサーに就任するとみられています。

 一方、イギリスの財務大臣ジョージ・オズボーン氏は政府が保有するRBS株の79%を売却することを発表しています。『ウォール・ストリート・ジャーナル』によれば、政府が保有するRBS株は時価総額でおよそ320億ポンドに相当するそうです。この株は2008年の金融危機の際に取得されたものですが、当時の価格は455億ポンドでした。

 現在、RBSの一株当たり株価は3.63ポンドで、政府が取得した際の価格5ポンドを下回っています。ですから今回の政府によるRBS株売却は損失を出すと考えられますが、オズボーン氏は浮動株の増加を重視しているようです。オズボーン氏は少しでも早く株式売却を始めることでコスト負担を圧縮できると述べています。

 ジム・オニール氏は現在BACで働いていますが、かつてはRBSで働いていました。RBSがオランダのABNアムロ銀行を買収した際にもオニール氏は大きな役割を果たしています。この買収が原因でRBSは業績不振に陥ってしまったのですが、オニール氏自身はその後BACに再就職しました。また、RBSが所有する株の売却が7月に行われるのですが、そこでもオニール氏が大きな役目を果たす予定です。

 BACにとって今回のブローカー業委託から得られるものは直接的にはわずかばかりの料金だけです。しかしBACはこの業務をこなすことで今後もRBSとのビジネスを継続することができ、さらにRBSから広がるコネクションが得られることを重視しているのです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アマゾン.com   シンタス   エヌビディアコーポレーション   リバティ・グローバル・ライラックA   コーニング   アルファベット   ヌビーン・フローティング・レート・インカム・ファンド   アロー・ファイナンシャル   ゼネラルモーターズ   バイオテクネ   バイオジェン・アイデック   ネットエレメント   ネットフリックス   テスラモーターズ   サービスナウ   エレメンツ・ロジャーズ・インターナショナル・コモデ   マイクロン・テクノロジー   Taseko Mines Ltd.   フェイスブック   バンガード・ハイ・ディビデンド・イールド・インデックス・ファンド   アリババ・グループ・ホールディング  

このニュースの関連企業・銘柄

バンク・オブ・アメリカ<BAC>
ロイヤルバンク・オブ・スコットランド<RBS>

リアルタイム・検索ランキング