アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

ナイキ、絶好調の4つの理由

日本時間: 2015年6月12日 0時0分 公開

 ナイキは、今や業界の頂点に立ち、スポーツ用品を扱う世界のトップブランドに成長しました。
ここ数年、同社の株式は35%上昇しています。この成長は素晴らしいものですが、多くの投資家は、更なる収益拡大を期待しています。

 【人気上昇中の直販】
 2015年第3四半期の決算報告書では、ナイキは直接販売の売上で、2014年同期比2%増でした。オンライン売上高は、総売上高の22%を占めました。また、公式オンラインストアでは、トラフィックとコンバージョン率を集計したところ、42%の上昇がみられました。
 社長兼最高経営責任者(CEO)マーク・パーカー氏は、モバイル販売の売上を伸ばす努力が報われ、初めて、オンラインストアへのモバイルデータ通信量が、デスクトップからの通信量を超えました。また、「オンライン販売は、直接販売より中間マージンがカットできるので、その分利益を上げることができる」と述べました。

 【成長の可能性】
 ナイキのブランド名は、世界中で認知されていますが、更なる成長が期待できます。
消費者が、より健康的でアクティブな生活を求めていることが、大きなチャンスであると思われます。
 同社はまた、婦人服アパレル市場で成長の余地があると見込んでおり、2017年までに、20億ドルの売上増加を予想しています。

 【政治的要因】
 同社は、オバマ大統領の、アジア太平洋地域との貿易協定を締結をする方針に対し、支持を表明しています。 同社は既に、人件費削減のため、生産の拠点をほぼ海外に置いています。
 現行制度では、輸入品に対して関税が課せられますが、貿易協定の締結により、関税が引き下げられ、米国での販売価格が安くなることが予想されます。

 【スポンサー契約】
 同社は、米プロバスケットボールのNBAの公式スポンサーとなり、2017~2025年まで、NBAのチームが使用するジャージ、ショートパンツやウォームアップウェアを提供する契約を結びました。
 この契約により、バスケットボール業界の支配が強まるでしょう。NBAとの契約では、自社のロゴをユニフォームにプリントし、アディダスのような他のスポンサー企業名の表示を禁止しています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ナントクエスト   ジャスト・エナジー・グループ   トランスカナダ   ガバメント・プロパティーズ・インカム・トラスト   Edgewell Personal Care Co   オメガヘルスケア   ワンオク   スカイワークス・ソリューションズ   バーテックス・ファーマシューティカルズ   マーケット・ベクトル・金鉱株ETF   Weingarten Realty Investors Dep. Shs. Cum. Redeem. Pfd. Series F   ICICI銀行   ブリストル・マイヤーズ・スクイブ   セルジーン   トリップアドバイザー   インターナショナル・フレバー・アンド・フレグランス   アイパスGEMSインデックスETN   ウイングストップ   ベリフォン・システムズ   パブリック・ストレージ   ロイヤル・ダッチ・シェル B  

このニュースの関連企業・銘柄

ナイキ<NKE>

リアルタイム・検索ランキング