アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

ディズニーが子供や投資家等を引き付ける理由

日本時間: 2015年6月11日 8時1分 公開

 ディズニーが身に付けてバーチャルリアリティ体験ができる新しい玩具プレイメーションを2015年6月1日に発表しました。

 プレイメーションとは玩具を身に付けてインターネットを通してストーリー上のキャラクターやヒーローをバーチャルリアリティ体験に近い体験ができるものです。ディズニーはプレイメーションの開発に向けて保護者がどのような玩具を求めているか調査していました。そこで保護者は子供には想像しながら身体を使って遊んでほしいという要望があり、ディズニーはそれを目標にプレイメーションを開発しました。

 ディズニーの2014年の売上は24%増加し2015年度初めから更に15%増加しています。中でもメディア・ネットワーク部門、テーマーパーク部門、スタジオ・エンターティメント部門に続いて4番目に大きい消費者向け製品部門の売上が前年比から10%増加し純利益が32%増加しています。一方でディズニーの映画を制作しているスタジオ・エンターティメント部門は10%減少しています。

 今回の消費者向け製品部門の売上増加は映画「アナと雪の女王」の影響だとし、消費者向け製品部門は人気映画で一時的に売上が増加します。しかし今回発表したプレイメーションは一時的ではなく継続して売り上げることができると見込んでいます。消費者向け製品部門がこのまま売上が増加すると2016年の今頃はスタジオ・エンターティメント部門を追い越すでしょう。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

J・アレキサンダー・ホールディングス   Guggenheim ETF Trust   クラウド・ピーク・エナジー   シリウスXMラジオ   メディシノバ   クオシェント・テクノロジー   Nova Measuring Instruments Ltd.   アルファベット   ペイパルホール・ディングス   アルベマール・コーポレーション   マイクロン・テクノロジー   Apollo Investment Corporation 6.625% Senior Notes due 2042   天然ガス・ファンド・エルピー   テスラモーターズ   ブラック・ヒルズ   アライアンス・バーンスタイン・グローバル・ハイ・インカム・ファンド   アイカーン・エンタープライズ   リアルネットワークス   インテル   グッゲンハイムS&P500・イコール・ウェイト・ETF    テネコ  

このニュースの関連企業・銘柄

ウォルト・ディズニー<DIS>

リアルタイム・検索ランキング