アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

ゴープロがエコシステム強化のためクラウドサービスを計画中

日本時間: 2015年6月10日 0時56分 公開

 ゴープロはアクションカメラのHeroで大きな成功を収めたことで、強固なエコシステムが長期的な成功につながることを知りました。ゴープロCEOのニックウッドマン氏は同社をハードウェアメーカーではなくメディア企業に位置づけています。2015年の初めにコンテンツビジネス拡大を目的にロクチャンネル(インターネットを通じて配信される動画をTVで視聴できるサービス)をロンチしました。

【iTuneと同タイプのシステムを構築】
 ユーザーが画像を容易にシェアできるようにするためにウッドマン氏はクラウドサービスを計画しています。テックチャーチのマット・バーン氏とのインタビューでウッドマン氏は「ユーザーが記録したデータはSDカードに蓄積されていく。スマートフォンで簡単に動画や画像をシェアできるにも関わらず、ユーザーはいくつかのステップを踏まなくてはならない。それらのステップを減らすことを目標にしている。」とコメントしました。
 多くのユーザーはSDカードに保存したデータを編集する時間がありません。クラウドはそれを手助けすることができるかもしれません。ゴープロはiTuneタイプのシステムの構築を計画しています。ウッドマン氏は同社のクラウドサービスの開発が初期段階であることを明らかにしました。また同氏はそのシステムの仕組みも説明しました。

【ゴープロのクラウドサービスの仕組み】
 同氏は充電機に接続すると、自動的にクラウドにデータがアップロードされる仕組みだと述べました。このシステムによりユーザーは手動でSDカードから編集用のソフトウェアにデータを移行する手間を省くことができます。ユーザーはクラウド上で直接、画像を編集しシェアすることができます。また長い動画を切り取ってハライト版を作成することも可能です。

 ウッドマン氏はクラウドがHeroカメラの売上に貢献すると確信しています。ユーザーが簡単に画像を楽しむことができるようになるためです。さらに同社は顧客データを得ることができます。ウッドマン氏はユーザーや使用パターンについての十分なデータを持っていないことを認めましたが、ゴープロは顧客がクラウドサービスに登録したときに彼らのデータを得ることができます。

 2015年6月9日のゴープロの株価は1.33%下落の58.61ドルでした。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ネットフリックス   3Dシステムズ   ウィズダムツリー・インディア・アーニングス・ファンド   テスラモーターズ   SAP   スパルタン・モーターズ   インテュイティヴ・サージカル   スプリント・ネクステル   アリババ・グループ・ホールディング   ナビエント・コーポレーション   アンバレラ   アルファベット   Deutsche X-trackers Harvest CSI 500 China A-Shares Small Cap   インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ   サザビーズ   アプライド・マテリアルズ   イェルプ   バンガード・新興国株式ETF   アミカス・セラピューティックス   マスターカード   ブレイディ  

このニュースの関連企業・銘柄

ゴー・プロ<GPRO>

リアルタイム・検索ランキング