アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

ギリアドC型肝炎治療薬ハーボニの処方件数減少で第2四半期売上高に影響

日本時間: 2015年6月8日 22時18分 公開

 ギリアドのC型肝炎治療薬ソバルデイとハーボニは従来の治療期間の24~48週が12週間と短縮され、治癒率が90%またインターフェロンなしの単剤で治療できることから発売以来、売上を伸ばし現在C型肝炎治療薬市場をリードしています。

 アメリカの処方薬件数を調査する会社のIMSヘルスはハーボニが米食品医薬品局(FDA)から承認を受けた2014年10月10日から7日後の10月17日からその処方件数を調査しています。そのIMSによると2015年6月1日~5日までのハーボニの処方件数は前週比10.8%減少の8,525件でした。そのうち3,103件は新規の処方件数で前週比から11.5%減少しています。しかしソバルデイ発売33週後の処方件数が7,524件であったのに対してハーボニの件数はまだ多いです。

 ハーボニは2015年第1四半期に価格の値下げや薬剤給付管理(PBM)から保険対象外にされるなど圧力を受け、アナリストはハーボニの売上高を21億9000万ドルと予想していたところ36億ドル売り上げています。しかし今回処方件数の減少から第2四半期の売上高は20億ドルに減少すると予想しています。またバースティンのアナリスト、ジェフリー・C・ポーグス(Geoffrey C Porges)氏はギリアドがこのままC型肝炎治療薬に頼ると2017年から2021年の間に売上高が30~40%減少するであろうと予想しています。

 ギリアドは現在1000億ドルあると言われる抗がん剤市場にも参入し、2015年5月にはデンマーク拠点の抗がん剤研究開発しているエピ・セラピューティックスを65億ドルで買収しています。また特にB型肝炎や非アルコール性脂肪肝炎(NASH)等の線維症疾患の治療薬にも範囲を広げています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

エンターコム・コミュニケーションズ   トランスエンテリックス   Invuity Inc.   PIMCO 分散インカム・アクティブETF   ザザ・エナジー   ウェスタン・ユニオン   プロシェアーズ・ウルトラショート・リアル・エステート   Gruma S.A.B. de C.V. ADR   テクノロジー・セレクト・セクター・SPDR・ファンド   ハリス   アメリカン・エキスプレス   エムエー・コム・テクノロジー・ソリューションズ・ホールディングス   Putnam Municipal Opportunities Trust   ITTコーポレーション   アルファベット   Associated Banc-Corp Depositary shares each representing a 1/40th ownership interest in a share of 6.125% Non-Cumulative Perpetual Preferred Stock Series C   チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ   Eldorado Resorts Inc.   ICICI銀行   ツーシックス・インコーポレイテッド   ノキア  

このニュースの関連企業・銘柄

ギリアドサイエンシズ<GILD>

リアルタイム・検索ランキング