アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

グーグルが自動運転プロジェクトの専用サイトを立ち上げる

日本時間: 2015年6月9日 0時0分 公開

 グーグルが自動運転プロジェクトの公式サイトを立ち上げ、自動運転車の事故を月間ベースですべて報告することになりました。

 これは、2015年6月3日の株主総会における同社共同創業者セルゲイ・ブリン氏の姿勢が変化したことを物語っています。

 数日前に開催された年次株主総会でブリン氏は、自動運転事故の詳細を公表しないことについて弁護し、「我々は車が完全無欠になるとは言っていない。目標は従来の手動運転に勝ることだ」と述べ、「完全な車などあり得ないことを、期待値として明確に定めておきたい」としていました。

 2009年に自動運転プロジェクトに着手して以来、実験車が12件の自車の過失ではない小さな事故に遭遇したことをグーグルは明かしています。プロジェクトの実施に疑問の声が上がるにつれ、同社は無人運転の情報をよりオープンにしてきました。

 特に今回の専用公式サイトの立ち上げは、事故情報開示を求めた年次株式総会の報道がメディアを賑わした直後の動きとなりました。

 サイトは事故報告のほか、特定の状況でどのように車が反応するかの位置関係、実験車両の走行距離、路上に出ている台数等の情報も提供します。また、自動運転により死亡事故をいかに減らせるかなど、同社研究技術のサポートにも活用されることでしょう。

 同社は、5月公開の最新レポートにおいて、特定状況下で車がいかに反応するかの詳細を公開しており、複数の障害物を同時に回避し、自転車や緊急車両が横をすり抜けた際に停止する様子なども写真で紹介しています。

 同レポートによれば、現在23台が本社周辺の公道を走行しており、このうち9台は閉じたコースで試験されているとのことです。グーグルXの研究所で設計された未来の車が間もなく世に出ようとしていますが、最高時速は25マイルに制限されます。

 同社の自動運転車はこれまでに総距離180万マイルに及ぶログを記録しており、そのうち半分は自動、残り半分は手動モードによる運転とのことです。
 
 同銘柄の6月8日取引開始前価格は0.6%下落の533ドルです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アミカス・セラピューティックス   iPath Bloomberg Livestock Total Return Sub-Index ETN   ビザ   アルファベット   フィットビット   アップル   アリスタ・ネットワークス   ラスベガスサンズ   メディシノバ   China XD Plastics Company Limited   アマゾン.com   スパートン・コーポレーション   イミューン・デザイン   アルベマール・コーポレーション   アルファベット   マスターカード   エヌビディアコーポレーション   ナビオス・マリタイム・ホールディングス   ティファニー   アリババ・グループ・ホールディング   アライン・テクノロジー  

このニュースの関連企業・銘柄

アルファベット<GOOG>
アルファベット<GOOGL>

リアルタイム・検索ランキング