アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

バーテックス嚢胞性線維症治療薬市場で優位になる

日本時間: 2015年6月8日 17時3分 公開

 バーテックスとパリオン・サイエンスが嚢胞性線維症(CF)治療薬である上皮ナトリウムチャネル(ENaC)阻害薬の共同開発に合意しました。今後バーテックスがENaC阻害剤のP-1037とP-1055を開発し商品化します。契約金に関しては商品化された後まで決めています。前金として8,000万ドル、CF治療薬としての開発及び規制当局の承認の際に4億9000万ドル、また商品化された後は総売上高に応じたロイヤリティーをバーテックスがパリオン・サイエンスに支払う契約内容になっています。

 CFとは肺細胞の塩分と水分のバランスをコントロールするタンパク質、ENaCの機能を調節する維症膜透過性制御因子(CFTR)の遺伝子の異常でENaCが活性化することによって症状が出ます。現在バーテックスにはイバカフルトとルマカフルトというCF治療薬がありCFTRの機能を回復させる働きをします。バーテックスにENaC阻害剤が新たに追加されたことで今後CF治療において優位になるであろうとJMPセキュリティーズのアナリスト、リーサ・ベイコ氏は述べています。またこれによりバーテックス株の目標価格を152ドルとしています。

 ENaC阻害剤とCFTR混合のインビトロ試験では相互作用が見られ、また第1相試験でENaC阻害剤を吸入形式で投与したところ安全であることが立証されています。バーテックスは今後イバカフルト、ルマカフルトとENaC阻害剤の混合薬をF508delホモ接合性患者対象に前期第2相試験を2016年に実施する予定です。

 またENaC阻害剤の研究においてギリアドもその権利を7年間有していたことからP-1037を患者8人に後期第1相試験が実施されていす。これに続きパリオンはP-1037単剤療法をCF患者120人対象に前期第2相試験を2015年末か2016年初めに実施する予定です。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アルファベット   ティファニー   クアッドグラフィックス   アマゾン.com   メディシノバ   Comp En De Mn Cemig ADS American Depositary Receipts   インテル   ゴールドマン・サックス   テスラモーターズ   フェイスブック   アリババ・グループ・ホールディング   エヌビディアコーポレーション   アリスタ・ネットワークス   ペトロブラス   JPモルガン・チェース   アプライド・マテリアルズ   グルーポン   BRTリアルティ・トラスト   シティグループ   STマイクロエレクトロニクス   マーフィー・USA  

このニュースの関連企業・銘柄

ギリアドサイエンシズ<GILD>
バーテックス・ファーマシューティカルズ<VRTX>

リアルタイム・検索ランキング