アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

2014年の世界の医薬品売上高ランキングでギリアドのC型肝炎治療薬がアッヴィのヒュミラに続く2位に

日本時間: 2015年6月6日 21時33分 公開

 2014年世界の医薬品売上高ランキングのベスト50が公表され、トップはアッヴィの関節リウマチ治療薬ヒュミラで2014年売上高は130億ドルです。またそれに続きギリアドのC型肝炎治療薬ソバルディとハーボニが入り、2つ合わせた売上高は124億ドルです。ソバルディとハーボニの2014年収益成長率は8.828%に対してヒュミラは前年比売上17%増加しています。

 ギリアドのソバルディは2013年12月の発売以来、治療期間が12週間に短縮されたこと、治癒率が90%と単剤のみで済むことから12週間の治療で84,000ドルと高額にも関わらず爆発的に売れました。ハーボニは2014年10月に発売され遺伝子1型の限られた患者に対して治療期間は8週間に短縮され、12週間の治療で94,500ドルと高額にも関わらず発売後直ぐの四半期では12億ドル売り上げています。ソバルディとハーボニはその高額な価格設定で値引きや保険対象外にされるなど圧力を受けましたが、2015年の第1四半期にはソバルディは9億6000万ドル、ハーボニは36億ドルを売上げています。

 ヒュミラは2016年12月にアメリカで、また2018年4月にヨーロッパでの特許期限が切れます。ヒュミラのバイオシミラーは今まで出ていませんでしたが、ドイツ銀行のアナリストやモルガンスタンレーのアナリストはそれぞれ2017年の1月までか2018年にアメリカでヒュミラのバイオシミラーが出ると予想しています。また現在ベルギー拠点のガラパゴスが次世代関節リウマチ治療薬を開発中であることから今後その登場による脅威にさらされます。ヒュミラはアッヴィの総売り上げの63%を占め2015年第1四半期では31億1000万ドル売り上げています。

 また今回のランキングでジョンソン・エンド・ジョンソンの自己免疫疾患治療薬レミケードで2014年の売上高は前年比3%増加の101億ドルで3位に入りました。レミケードは今までヨーロッパで年間20億ドルの売上がありましたが、2015年2月にヨーロッパでの特許期限が切れたことやバイオシミラーが出たことで売上が落ち、ランキングの順位も落ちました。2018年9月にはアメリカでの特許期限が切れる予定です。

 ジョンソン・エンド・ジョンソンの他に順位が落ちたのはグラクソ・スミスクラインの喘息治療薬アドベアーです。2013年では4位でしたが2014年は特許期限切れ、後発品やライバル製品の影響で売上高が前年比20%減少の67億ドルで8位に落ちました。イーライリリーの抗うつ病薬サインバルタやベーリンガーインゲルハイムの高血圧治療剤ミカルディスは特許期限切れの影響で売上が大幅に減少し2013年はそれぞれ11位と25位だったのに今回はランキングから外れました。

 一方今回初めてランキングに入ったのはアレクシオンファーマの希少疾患治療薬ソリリスで2014年売上高は前年比44%増加の22億ドルで48位に入りました。ソリリスは2007年に希少疾患の発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)治療薬として発売され、2011年には非典型溶血性尿毒症症候群への適応も承認されています。ソリリスの適応患者は世界でも数千人しかいないとされていますが、500,000ドルと高額な価格によってランキング入りしました。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

パワーシェアーズ・ダイナミック・コンシューマー・ディスクレショナリー・セクターETF   アルファベット   トリニティ・インダストリーズ   マンカインド・コーポレーション   アイスター・ファイナンシャル   ゴールドマン・サックス   アイパス・ダウ・ジョーンズ・UBS・ココア・サブインデックス・トータル・リターンサービス・マーク・ETN   アミカス・セラピューティックス   アクアアメリカ   プルートグループ   アライアンスGI・コンバーティブル・アンド・インカム・ファンドII   アリババ・グループ・ホールディング   アイゲート・ファーマシューティカルズ   アルバニー・インターナショナル   アイダコープ   レナー   アイエヌジーグループ   MGMリゾーツ・インターナショナル   アドベント・クレイモア・エンハンスド・グロウス&インカム・ファンド   ガルフ・アイランド・ファブリケーション   アラタナ・セラピスト  

このニュースの関連企業・銘柄

ギリアドサイエンシズ<GILD>
ジョンソン・エンド・ジョンソン<JNJ>
アッヴィ<ABBV>