アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

契約獲得が好調なエーイーコムは今が買い時か

日本時間: 2015年5月19日 7時41分 公開

 2015年5月12日に開かれた今年度第2四半期報告会で、エーイーコム・テクノロジーが印象的な結果を発表しました。

 2015年度第2四半期に同社は、約46億ドルに相当する契約を獲得しました。四半期終了時の注文残高は約410億ドルです。

 また2014年のURS買収など、他企業との合併や買収により同社は、エンジニアリング及び建設業界において屈指の規模にのし上がっています。

 同社は業界をリードする企業として、独自の統合サービスプラットフォームを開発し、世界中から専門分野の人材を集めるなど、核となるインフラ事業部門を強化しています。世界市場で薄利多売を目指すよりも、米国内の受注を重視し、より高い利益率を上げるビジネスモデルに率先してシフトしようとしています。

 またこれとは別に、世界の非住宅建設への投資を増大させ、そこからの利益も上げています。

 この地合いを反映して、この7日間で、2015年度及び2016年度の1株当たり利益のザックスコンセンサス見積りは上昇し、それぞれ8.4%増の3.22ドル、1.8%増の3.33ドルとなりました。

 ザックスで「買い」評価に当たる「2」を獲得した同銘柄ですが、リスクとして、現在価格不安定な原油及び天然ガス市場の影響を受けやすいこと、また、戦略的投資による長期負債が額を伸ばしていることなどを付け加えておきます。

 同セクターで比較的評価の高い銘柄としては、他に、VSE、KBR、AOスミスが挙げられます。これらはすべてエーイーコムと同ランク評価の銘柄です。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

セカンド・サイト・メディカル・プロダクツ   WisdomTree Dividend Ex-Financials Fund   iShares Asia / Pacific Dividend 30 Index Fund Exchange Traded Fund   ザイリンクス   チャイナ・ゲルイ・アドバンスト・マテリアルズ・グループ   デューク·エナジー   ProShares Ultra Russell2000 Value   テナリス   Mad Catz Interactive Inc   ヘクセル・コーポレーション   JMIA   BlackRock MuniYield MI Qty II Common   オクシデンタル·ペトロリアム   USD Partners LP representing limited partner interest   アロー・エレクトロニクス   アルファベット   CHRA   インテュイット   ドレイファス・ストラテジック地方債   OSS   モホーク・インダストリーズ  

このニュースの関連企業・銘柄

エーイーコム・テクノロジー<ACM>

リアルタイム・検索ランキング