アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル、ジェームズ・ボンド映画配給権入札と言われる

日本時間: 2017年9月7日 2時48分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)は、Planet of the Appsのようなマイナーストリーミングシリーズでオリジナルコンテンツに進出してきましたが、iPhoneメーカーの見通しがはるかに高くなっているようです。アップルは、ジェームズ・ボンド映画配布の権利入札に参加すると言われていますが、厳しい競争に対抗しています。また、アマゾンもワーナー・ブラザーズなどの伝統的なコンテンツ配信会社との競争に参加すると言われているのです。

◆アップル、ジェームズ・ボンド映画に入札?
ジェームズ・ボンド・フランチャイズとの最後の契約はソニーだったが、2015年にリリースされた映画「スペクター」の後で終了しました。現時点で、ワーナー・ブラザーズが他の入札者に先行していると言われているが、ハリウッド・レポーターによると非常に厳しい競争だということです。ジェームズ・ボンド映画配布権のために「それほどではないにしても」、アップルとアマゾンは「ワーナー・ブラザーズと競争する意欲がある」と、メディア・アウトレットは主張します。

ハリウッド・レポーターは、MGMが2年以上にわたって契約を探していると言っています。アップルとアマゾンに加えて、ソニー、ユニバーサル、フォックスもジェームズ・ボンド映画の配信権を追求してきました。しかしながら、メディア・アウトレットによれば、ワーナー・ブラザーズとソニーが入札において「もっとも積極的」だということです。

◆ワーナー・ブラザーズ、アップルに怯えている様相
過去のジェームズ・ボンド映画は金鉱です。そのため、どの会社が配布権を獲得しても、大規模かつ新しい収入の流れを享受できます。独自コンテンツの作成に関するうわさがかなりあるけれども、アップルの利権入札の発表は、とくに興味深いものです。

アップルにはかなりの大金があるため、非常に深刻な候補者として浮上する可能性があります。そして、ハリウッド・レポーターによると、すでにワーナー・ブラザーズがiPhoneメーカーの関心を真剣に受け止めているということです。アップルがその財布を開く前に、ワーナー・ブラザーズはMGMに対して、ジェームズ・ボンド映画の取引をすぐに終了するよう圧力をかけていると伝えられています。

ハリウッド・レポーターが付け加えることによると、アップルとアマゾンはジェームズ・ボンド・フランチャイズに興味があるという事実が、単なる映画の権利以上のものが妥協による交渉されるかということを示唆しています。実際、MGMが販売する、または合意に至った契約でライセンスを取得するならば、フランチャイズの将来全体が容易に手に入ることがあり得るとも主張します。

スターウォーズのフランチャイズで知られているルーカスフィルムやマーベル、モンスターズ・インクとトイ・ストーリーなどのアニメ映画で知られるピクサーのように、フランチャイズはもっとも主要なコンテンツブランドの一つとして認識されています。ウォルト・ディズニーは長年にわたり、この3社すべてをがっつり食べつくしてきました。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

カナディアン・ナショナル・レールウェイ   アルファベット   アビオメド   ビザ   ペプシコ   ICICI銀行   アジレント・テクノロジー   ウェージワークス   iシェアーズ・MSCI・EAFE・バリュー・ETF   マイクロン・テクノロジー   アパッチ・コーポレーション   グルーポン   ホーム・バンクシェアーズ   アリババ・グループ・ホールディング   ファースト・リパブリック・バンク   メルク   ネスレSA   アイシェアグローバルユーティリティ上場信託   エクスペディア   テスラモーターズ   アップル  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング