アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル、iPhoneに関する大きな秘密が明らかに

日本時間: 2017年9月4日 22時30分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)が今後のiPhoneの3機種をどのように名付けているかに関して、多くの憶測がありました。プレスによると、2つのLCDモデルはiPhone 7sとiPhone 7s Plusと、まったく新しいOLEDモデルはiPhone 8またはiPhone Xと呼ばれていました。

しかしながら、これらの名称はリリース前の議論では間違いなく役に立ちましたが、マーケティングの観点からはすばらしいものとは言えないでしょう。

次世代iPhone向けの最終的なパッケージングを見たと主張するケースメーカーからの情報を引用した9to5Macからの新しいレポートのおかげで、少なくとも、アップルが全3新機種を何と呼ぶのかといういい考えを持っているのです。

◆賢明な名称
昨年のiPhone 7を成功させる4.7インチLCDモデルは、iPhone 8と呼ばれると言われています。現行の5.5インチLCD iPhone 7 Plusの後継製品は、iPhone 8 Plusと呼ばれることが伝えられている。

誰もが楽しみにしている「プレミアム」iPhoneは、iPhone Editionとして知られる予定です。

この命名体系は、かなり賢明であるようです。アルミ製ではなくガラス製の背面を有することを除けば、iPhone 8・iPhone 8 Plusは、現行iPhone 7・iPhone 7 Plusと同じフォームファクタを搭載するとうわさされているものの、アップルは新A11フュージョンチップ、トゥルートーン・ディスプレイ技術、ワイヤレス充電、その他多くの可能性など、デバイスの全面的な改良を行うと言われているのです。

見解では、これらの改善は新しい数字を正当化します。アップルは、これらのすばらしい機能拡張や技術革新に夢中になることは間違いないですし、結局、現行モデルの段階的な改善であることを意味する方法で、デバイスに名前を付けるだけなのです。

さらに、アップルがプレミアムなApple Watchモデルとより多くの主流モデルを区別するために、「エディション」という名称を使用していること、そして、その名称が以前議論したように、プレミアムなようだと仮定すれば、賢明な命名であるように思えるのです。

◆さらなる名称
アップルが、今後どのようなデバイスの名称にするのか、すこし不明になってきました。3つの新iPhoneモデルを来年に発売すると言われていましたが、このことはiPhone 9、9 Plus、さらには別のiPhone Editionが出やすくなってきたのです。

しかしながら、コリア・ヘラルドの最近の報告によると、アップルは5.28インチディスプレイを搭載した次世代iPhoneの導入計画の代わりに、2018年iPhoneモデルでは5.85インチと6.46インチの2つの画面サイズで発売する予定だということです。

その場合、アップルがどのように次世代携帯電話を販売するのか、予測することは難しいのです。考えられるのは、5.85インチモデルを単に「iPhone」と、6.46インチモデルを「iPhone Edition」と呼ぶということです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アップル   バリック・ゴールド   ファイザー   アルファベット   サビーナ・ゴールド&シルバー   ユナイテッド・テクノロジーズ   A10ネットワークス   FalconStor Software Inc.   セールスフォース・ドットコム   アリババ・グループ・ホールディング   フリーポート・マクモラン   ロッキード・マーティン   ブラックロック・ミュニイールド・カリフォルニア・クオリティ・ファンド   スタンプス・ドットコム   ビザ   アマゾン.com   USシリカ・ホールディングス   ゴールドマン・サックス   アイパス・ダウ・ジョーンズ・UBS・ココア・サブインデックス・トータル・リターンサービス・マーク・ETN   アルベマール・コーポレーション   ブラックロック・ニューヨーク・ミュニシパル・インカム・トラスト  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング