アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アマゾンにとって最良の時がこれからであるという理由

日本時間: 2017年8月13日 20時37分 公開

投資機会としてアマゾン(NASDAQ:AMZN)を見ると、株式はしばしば混合メッセージを発しています。アマゾンの株式は上昇を止める方法を知らないが、Eテイラーの収益はせいぜいもろいものです。だから、アマゾンの投資家は、執筆の時点で後発収入の250倍の空前の価格対収益率で買収するのです。

そのような背景から、アマゾンはどこかで叙事詩の崩壊に向かうかもしれません。つまり、イカロスが太陽に近づくように飛行し、墜落するように、より合理的な評価に戻ってきます。

しかし、それはアマゾンが行くようなところではありません、いや、まったくありません。実際に堅調な財務基盤にいかに立っている方法と、この一連のイノベーターにとって最良のときはまだこれからである理由を紹介しましょう。

◆キャッシュフロー、収入ではない
アマゾンはつねに、純利益を生み出すよりも現金を生み出すほうに優れています。些細なことのように思えますが、重要な違いがあるのです。

一般に利益とも呼ばれる純利益は、納税額の計算に関連する会計概念です。営業利益から始めて、利息費用や法人税などの項目を差し引き、P/E比率の「E」に当たります。

対照的に、フリーキャッシュフローは、減価償却費や償却費、運転資本水準の変更など、現金以外の調整の控除後に、企業の営業利益で残っているものです。この値は税金義務とは無関係であり、売上高から四半期の終わりに銀行の金庫へドル建ての手続きを全面的に進める企業能力の特徴です。

ほとんどの場合、少なくともアマゾンのような大規模かつ予測不可能な設備投資がない企業にとって、フリーキャッシュフローは純利益よりも大きくなるでしょう。そうでなければ、新しい税務アドバイザーを探したくなるかもしれません。多くの企業は、キャッシュフローがどれほど大きくても、税務上の費用を最小限に抑える努力しています。その収益とP/E値は大きく取り上げられるが、キャッシュフローは収益報告においてかなり小さな扱いを受けることに、一種の面白さを感じるのです。

アマゾンは大金をアメリカに送ることなく、現金を生み出すのに非常に優れています。
2016年度、税引前利益39億ドルに基づいて純利益24億ドルを計上しました。キャッシュフロー計算書では、新たに回収された運転資金164億ドルは、フリーキャッシュフロー96億ドルをもたらしました。そのようにして、一般的にアマゾンの財務が機能するのです:

YChartsによるアマゾンのフリーキャッシュフロー(TTM)データです。

◆次は何を探すのか
アマゾンの純収益が赤字経営に向かい、または空前の高さであるP/E比率に悩まされているときには、税務当局の貪欲な範囲外で企業が多くのお金を稼いでいることを覚えておいてください。ボトムラインは損益分岐点にかなり近づいているため、常に変動します。

しかし、アマゾンが資金を燃やし始めたら、新しく効果な賭けになっているか、ビジネスモデルが崩れているかのどちらかでしょう。これまでの上昇するキャッシュフローに見られるように、アマゾンはこのような危険信号を投げかけていません。

近い将来に起こるとは期待していません。アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のクラウドコンピューティングツールスイートは実際、アマゾンの財務基盤を逆の方向に動かしています。AWS部門はアマゾン最大の営業利益の生成元であり、より大きく、かつ予測可能な純利益傾向への段階を設定します。

創設者兼CEOのジェフ・ベゾス氏は依然として、貪欲な新興企業のようにアマゾンを運営し、毎日を企業にとって「初日」と主張しています。アマゾンはオンラインショッピング市場とクラウドコンピューティング部門を支配するかもしれません。しかし、アメリカの小売業全体の3%に過ぎないし、エンタープライズコンピューティング業界は1兆ドル規模で減少しています。

この巨人には、素晴らしいキャッシュマシンから始まる成長するための多くの道があるのです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アルファベット   スチュワート・インフォメーション・サービス   ジーティーティー・コミュニケーションズ   ウォルト・ディズニー   iShares MSCI Emerging Markets Value Index Fund   Voya Asia Pacific High Dividend Equity Income Fund ING Asia Pacific High Dividend Equity Income Fund of Beneficial Interest   BB&T Corporation Depositary Shares Representing 1/1000th Perpetual Preferred Series E   ホーレス・マン・エデュケーターズ   テスラモーターズ   ガスログ   プロシェアーズ・ウルトラ・シルバー   エナジス   リージョナル・マネジメント   iShares FTSE China Index Fund   Aシュルマン   Pinnacle Entertainment Inc   アンバレラ   PowerShares KBW Regional Banking Portfolio   アイカーン・エンタープライズ   アクティビジョン・ブリザード   ニュースキン  

このニュースの関連企業・銘柄

アマゾン.com<AMZN>

リアルタイム・検索ランキング