アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル、新型iPhone 8開始の詳細が明らかに

日本時間: 2017年8月9日 22時7分 公開

今年後半、アップル(NASDAQ:AAPL)はiPhone 6の「スーパーサイクル」で享受していたピークよりもiPhoneの結果を総じて促進させるかもしれない、3つのスマートフォンの開始が見込まれています。

このラインナップは、3つのiPhoneモデルで構成されています:4.7インチ液晶ディスプレイ(LCD)を搭載の標準モデル、5.5インチLCD搭載のハイエンドモデル、5.8インチ有機発光ダイオード(OLED)ディスプレイ搭載のプレミアムモデルです。

アップルがこれらのデバイスを市場に投入する際、かなりのうわさがありました。最新の業績報告の前に、新型iPhoneがもともと開始する時点から、新携帯電話の立上げが少し遅れるだろうと思われていました。しかしながら、来季の堅調な指針を発表した後、アップルが今秋にいくつかの特典を開始すると広く考えられているのです。

アップルの財務見通しは多くのことを教えてくれるものの、新型iPhone立ち上げの正確なタイミングのすべて、およびアップルが今後の製品サイクルで希望する出荷台数に関する情報を教えてくれません。

KGIセキュリティーズのアナリスト、ミンチー・クオ氏(MacRumors経由)の最近の報告でも、すべてが明かされませんでした。けれども、かなり熟考すべき内容を提供してくれているのです。その詳細を見てみましょう。

◆来月はすべてが開始される
KGIセキュリティーズのレポートを入手したMacRumorsによると、クオ氏はアップルが
クーは、「同日に全機種を開始する予定とともに、全3種のiPhoneモデルが9月同時に」発表されると見込んでいます。

最近では、アップルが特別イベントで新型iPhoneを発表し、それ以降の週に注文を開始しました。しかしながら、製造が非常に困難であることを考えれば、アップルが年内第3四半期中にプレミアムOLED iPhoneを大量に出荷することはしないというクオ氏の発言は、とくに驚くべきことではありません。

「2017年度第3四半期の出荷台数が200~400万台かそれ以下だと予測されるため、OLEDバージョンは供給不足です。」と、アナリストは述べました。

クオ氏によれば、需要と供給のバランスはすぐに良くなるとは考えられということです。「OLED iPhoneの生産が実質的に、2017年度第4四半期以前に回復するだろうとは考えられません。もし強い需要があれば、堅調な供給は2018年度第1四半期まで続く可能性があるかもしれません。」

◆持つにはひどい問題ではない
需要水準が比較的低いために製品需要を容易に満たすことができるよりも、長期間供給を上回る需要の問題を抱えたほうが、アップルにとってはよいことです。とくに、OLEDのiPhoneが典型的なiPhoneの価格に対して高値で販売される予定であることを考慮すると、この時点で、製品の需要の高さと平均販売価格の上昇に特徴づけられ、アップルの今後のiPhoneサイクルが堅牢なものになるだろうということを示唆する兆候にあります。

それは好調な会計年度の秘訣とともに、アップルの投資家たちは非常に興奮しているはずなのです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ルモス・ネットワークス   バンガード・トータル・ストックETF   ステープルズ   シスコシステムズ   クアルコム   アリスタ・ネットワークス   Shiloh Industries Inc.   ウェルズ・ファーゴ   アレクト・ミネラルズ   NXPセミコンダクターズNV   ラム・リサーチ・コーポレーション   ブラック・ヒルズ   iシェアーズ・MSCI・ホンコン・インデックス・ファンド   シートリップ・インターナショナル   バークシャー・ハサウェイ   Hingham Institution for Savings   エヌビディアコーポレーション   ブロードコム・コーポレーション   ダイアモンドロック・ホスピタリティ   SPDR S&P Health Care Services   アルテラ・コーポレーション  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング