アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

1200ドル以上のアップルiPhoneがすばらしい理由

日本時間: 2017年7月12日 1時7分 公開

Daring Fireballのジョン・グルーバー(John Gruber)氏は、アップル(NASDAQ:AAPL)が次世代iPhoneモデルの価格引き上げ方法に関して考えを示しました。グルーバー氏は、OLEDディスプレイ搭載「ハイエンドモデル」である次世代プレミアムiPhoneにとって、1,200ドルは「開始価格としてかなり可能性が高い」と指摘しました。つまり、プレミアムiPhoneのハイエンド・ストレージ構成は、1,300ドルまたは1,400ドルで提供されるのです。

そのように高価なiPhoneモデルを嫌う人もいるかもしれませんが、この考えは好ましいものであり、アップルがそれらを始めることを心から推奨しています。理由は、次のとおりです。

◆もっと欲しがる人はもっと欲しい
グルーバー氏が記事で説明しているように、「新iPhoneは、アップルが特定の価格で構築できるものではなく、アップルが信じられないほど高い量で特定の価格で構築できるものです。」

このことは、「アップルが月間2,000万~2,500万台の割合で、あるいは1日あたりおよそ100万台で生産できない新型iPhoneのコンポーネントの使用を控えさせている」と、グル―バー氏は続けます。

現在のiPhone 7/7 Plusが占有する同じ価格帯で「標準」iPhoneモデルをリリースすることと同様、構築が難しく、より高価なコンポーネントを使用する「プレミアム」モデルを高い価格帯でリリースすることで、アップルは顧客基盤をより良くすることができるのです。

iPhoneがもっとも重要で、そして/または大切な技術デバイスであると考える人がいて、スマートフォンに入れられる可能性がある最高の技術が入手できるよう、惜しみなく支払うでしょう。

しかし、余分に支払うことが起こらないだろうと考える人もいます。もちろん、アップルはこのような顧客にとって魅力的な製品を構築し続ける必要があります。アップルは、より多くの主流製品に「投げやりな態度で行う」ことはできないのです。

けれども、それと同時に、「信じられないほど高い量に伴う特定の価格で」作られないため、革新的な技術・金額を保持することで、顧客基盤の中でiPhoneに熱心な人々を罰するべきではありません。

◆このようなセグメンテーションは新しいものではない
グルーバー氏は、この戦略が「理にかなっており、間違いなく遅れている」と考えています。

そのとおりなのです。

このようなセグメンテーションは、コンピューティング業界ではまったく新しいものではなく、スマートフォン業界にも当てはまります。多くのスマートフォンベンダーは、エントリーレベルの100ドル~150ドルのデバイスからプレミアムiPhoneモデルまで、とても幅広い価格帯をねらいとした、さまざまな種類のスマートフォンを有します。

アップルがこのセグメンテーションの極端を取り、スマートフォン市場のエントリーレベルの段階で競争しようとするとは考えられません。(399ドルのエントリーレベルiPhone SEはおそらく、アップルがするはずの価格帯ほど低いでしょう。)

しかしながら、アップルがもっとも熱狂的な顧客に、より良く、エキサイティングなユーザーエクスペリエンスを最終的に提供する場合、そのような標準的なセグメンテーション技術を、iPhone製品ラインの価格上限の押上げに適用することは、簡単そうに思えてしまうのです。

アップルは今年、一連の次世代iPhoneモデルでやり始めたと伝えられていますが、出荷台数やiPhoneの平均販売価格、市場シェア、利益の点でアップルのビジネスに及ぼす影響に関する予測が待ちきれません。

アップルよ、1,200ドル以上のiPhoneが待ち遠しいです!

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

フェイスブック   パンドラ・メディア   アプライド・マテリアルズ   アリババ・グループ・ホールディング   ギリアドサイエンシズ   テスラモーターズ   アルファベット   アルファベット   エヌビディアコーポレーション   スキャンポ・ファーマシューティカルズ   Lazard World Dividend & Income Fund Inc.   バンガード・ハイ・ディビデンド・イールド・インデックス・ファンド   メディシノバ   TDアメリトレード・ホールディング   アメリカンテクノロジーズ   Sify・テクノロジーズ   プロクターアンドギャンブル   コムキャスト   コーチ   アサーシス   ブリンカー・インターナショナル  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング