アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップルiPhone 7s・iPhone 7s Plusが素晴らしくなる2つの方法

日本時間: 2017年7月10日 22時41分 公開

今年後半、アップル(NASDAQ:AAPL)は3つの新iPhoneモデルを発売する予定です。報道者と消費者、投資家のマインドシェアの大部分を占めている一つが、うわさの「プレミアム」iPhone 8です。

この携帯電話には、フルフェイスOLEDディスプレイや3Dセンシング技術、その他多くの興味深く潜在的にユニークな機能などの新機能が搭載されています。

しかしながら、過去のiPhoneモデルよりも大幅に高価になると言われている素晴らしく新しいモデルのほかに、アップルは現在のiPhone 7とiPhone 7 Plusの直接後継機種を計画しているのです。

新型機種は、前世代機種に似た外観になる予定です。それらにはプレミアムiPhoneで使用される洗練されたOLED技術ではなく、液晶ディスプレイ(LCD)を使用することが期待されています。そして、プレミアムモデルに含まれるカメラ技術の進歩のすべてを含んでいないでしょう。

それにもかかわらず、魅力的な製品になる可能性がある「あまりエキサイティングではない」iPhoneモデルに対して、アップルが付け加えるいくつかの拡張機能があります。

2つを挙げておきましょう。

◆アップグレードされたディスプレイ技術
アップルの今回の2つのiPhoneローエンドモデルにはLCD技術が採用されますが、アップルやその他関係者が言うように、LCD技術は時間の経過とともに実質的に改善できています。

あるアナリストノートによると、今年発売予定の全3モデルのiPhoneに、昨年3月に9.7インチiPad Proで初めて登場したアップルのTrue Tone技術が搭載されるということです。

その機能のおかげで、ディスプレイが周囲の照明条件に基づき色を調整することができるため、ユーザーエクスペリエンスが向上するはずです。

さらに、アップルが最近発表した10.5/12.9インチiPad Proタブレットには、今年のLCD iPhoneモデルに含まれる可能性があるディスプレイ関連機能が含まれます。

たとえば、新型iPad Proモデルのディスプレイは、iPhone 7/7 Plusのディスプレイより明るいですし、アップルは今年のLCD iPhoneにより明るいディスプレイを引き継げるはずです。

さらに、アップルの新iPad Proデバイスには、リフレッシュレートの高いディスプレイである「ProMotionディスプレイ」として売り出しているものがあります。これにより、ユーザーエクスペリエンスがよりスムーズになるのです。

これまで、アップルが今年のiPhoneにProMotionディスプレイを搭載することに懐疑的な意見を述べてきました。けれども、ブルームバーグの報告によると、アップルは今年のiPhone向けに「より高いフレームレートでコンテンツを表示できるスクリーン」を試験しているとのことです。「試験での高速画面は、アップルの最新iPadタブレットに搭載されるProMotionと同じです。」と、ブルームバーグは「製品に精通した人々」を挙げて報じました。

今年、アップルがProMotion技術を全iPhoneモデルに搭載できれば、本当に魅力的なセールスポイントになるはずです。

◆より速いA11フュージョンチップ
現在のiPhone 7/e PlusのA10フュージョンと比較して、パフォーマンスの大幅な向上を提供し、機能を追加するアップルのA11フュージョンチップは、今年の全iPhoneモデルに参入すると期待されています。

顧客はおそらく「スピードとフィード」に基づいてスマートフォンを購入していないでしょうが、A11フュージョンチップはより高いCPU性能により一般的使用をすっきりさせ、集中的な3Dゲームをよりスムーズに動かせるはずです。

また、A10フュージョンで動作するiPhone 7s/7s Plusが提供できるものよりも優れ、ユーザーエクスペリエンスをさらに向上させる、おもしろいカメラ機能が有効になるはずです。

◆留意事項
明らかに、アップルのOLED iPhoneが人気をさらうでしょう。しかし、今後登場するプレミアムiPhoneがそうなるというとんでもない価格に対して支払いそうにない潜在的なiPhoneの顧客が存在するでしょう。

むしろ、実質的である可能性が高い顧客基盤にとって、アップルは新携帯電話を購入する理由を与える素晴らしく、魅力的な製品を提供する必要があるのです。

アップルは、一般的に何をしているのかを知っていると思われます。だから、たとえOLEDベースのiPhoneになる可能性がある印象性に対して存在が薄いとしても、アップルが今年に強力なiPhone 7/7 Plusデバイスを提供することを期待しています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

フォーティネット   エクイファクス   アルファベット   Amplify Online Retail ETF   ファイザー   コーチ   バッファローワイルドウイングス   フェラーリ   メチェル   アンダーアーマー   City National Corporation Depositary Shares   コリウム・インターナショナル   エーイーコム・テクノロジー   パンドラ・メディア   Armada Hoffler Properties Inc.   ダイアグノ・キュア   アルトリアグループ   Iridium Communications Inc 6.75% Series B Cumulative Perpetual Convertible Preferred Stock   ゴールドマン・サックス・グループ   モービルアイ   アイデックス・ラボラトリーズ  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング