アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

ゴープロにとって、最良の時はこれからだ

日本時間: 2017年7月7日 8時26分 公開

過去最高の打撃を受けてから約3年後、ゴープロ(NASDAQ:GPRO)は2017年、依然として多くのリスクに直面しています。ここ2年間、製品発売(カルマ)に挑戦し、混乱する製品ラインナップ(ヒーロー4)を有し、製造遅延のためにホリデーセールスを逃した(ヒーロー5)のです。

しかし、株価が高値から90%以上を下落した中、ゴープロはカメラとアクションスポーツ業界では強力なブランドです。ここでは、この株式の最良がこれからである理由を見ていきましょう。

◆過去の過ちから学ぶ
過去2年間でのゴープロ最大の問題2つは、在庫超過と人々が望まない製品製造でした。在庫問題は2015年に、ヒーローカメラを増設したときに生じました。これにより、ゴープロは製品を割り引き、在庫を下げたのです。昨年、たとえ何らかの需要を前提としていたとしても、在庫を少なくすることを学んだのです。

2016年、完全テストの前にカルマ・ドローンを発売し、リコールと完全な製品の発売が遅れたのです。そしてカルマのカメラであったヒーローカメラは、スマートフォンよりも簡単にソーシャルメディアやその他サイトへのオフロードと編集、アップデートができませんでした。このようなエラーは、今後の製品立ち上げに向けて修正する必要がありますが、ゴープロには新たな緊急性があるのです。

◆ゴープロ、過去の製品発売から学ぶ
フュージョン360カメラがすでにベータテストに入いることで、ゴープロはカルマの発売から学んだことを示しています。360度カメラ市場でトップを奪う準備が完了した製品を発表できれば、市場の完全なニッチを定義しながら、フュージョンがヒーローカメラの規模にヒットすることができるはずです。カルマの失敗後、ゴープロがフュージョン発売を正当化するように思えます。

そして、使いやすさを一歩前進させるヒーロー6製品も期待されています。ヒーロー5には、GoPro Plusと音声起動を使用したコンテンツのクラウド自動アップロードオプションが付いていました。次世代には両方の製品での改善と簡単なソーシャルメディアへの自動コンテンツアップロード方法が含まれるはずです。そのことは、ヒーローアクションカメラのゲームチェンジャーになる可能性があります。

新製品発売での2年間の過ちの後、ゴープロは起動前の製品ベータテストの方法を学び、簡単なアップロードと編集、コンテンツ共有において顧客が本当に望むことを構築したはずです。そうでなければ、株式の長期的な回復の望みはほとんどありません。

◆なぜゴープロにとって最良の時なのか
ゴープロにとって最善を尽くせる理由は、すでに株式に値する悲観主義に帰着します。ゴープロの時価総額はわずか12億ドルで、過去1年間に出た収益とほぼ同じです。フュージョンが望むように、新製品が投資家を刺激し、新規市場を創出でき、ゴープロが証拠金拡大計画を実行できれば、株式はかなり上昇するでしょう。

アクションカメラと360度カメラは、ハイテクの大手企業によってまだ引き継がれていない市場で、ゴープロにとって戦略を正しく得るための余地を残しています。そして、経営陣は最終的に、かなり昔にビジネスを成長させる方法として特定したチャンスを実行する準備ができているのです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

インテュイティヴ・サージカル   メディシノバ   エビィ   グッゲンハイム・シッピング・ETF   AR Capital Acquisition Corp.   エヌビディアコーポレーション   エクスペディア   インターナショナル・ペーパー・カンパニー   ニューベイシブ   オクシデンタル·ペトロリアム   ヌビーン・プレミアム・インカム・ミュニシパル・ファンド4   コーニング   ザ・バンコープ   PowerShares Russell 1000 Equal Weight POrtfolio   マラソン・ペトロリアム・コーポレーション   ワン・リバティ・プロパティーズ   ウィズダムトリー・グローバル・エクイティ・インカム・ファンド   シグネット・ジュエラーズ   マイクロソフト   Western Asset High Income Fund II Inc.   アリババ・グループ・ホールディング  

このニュースの関連企業・銘柄

ゴー・プロ<GPRO>

リアルタイム・検索ランキング