アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップルがビーツ・エレクトロニクスに30億ドルを費やしたことは信じられない

日本時間: 2017年6月23日 23時3分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)がビーツ・エレクトロニクスを30億ドルで正式に買収することになり、3年近く経ちました。大方の推測では、勝ち組となっています。ドクター・ドレーのビーツは、ハイエンドのヘッドフォンブランドのままです。当時のビーツ音楽オンデマンドストリーミングプラットフォームは、大きく成功したApple Musicに変化しているのです。

Apple Watchの下でフラッグシップ・プロダクトがより良い結果を出し、小さなデジタル付属物が2番目に大きいプレミアム音楽サービスとなったならば、アップルが30億ドルをここで貧弱に費やした理由を論じるのはばかげているように思えるかもしれません。このコラムは、険しい戦いに直面しています。しかしながら、その一見成功した性質にかかわらず、なぜこの取引に困惑があるのか、その説明を最後までリラックスして音量を上げ、聞いてください。

◆買収をリミックス
当初、ビーツの契約は勝ったものではありませんでした。うわさが潜在的な購入を浮き上がらせた翌日、株式は市場価格で20億ドルを上回りました。とくに、ビーツが50%の株式を1年未満でわずか5億ドルで売却したため、最初は32億ドルと報告された支払いはあまりにも多くなるだろうと思われていました。

1つのヘッドフォンブランドに繋ぐことは、他のサードパーティアクセサリメーカーがアップル製品を対応しないことになるでしょうか?ビーツを買収しても、明らかにiPodの売り上げがひっくり返ることはありませんでした。2014年初めに有名人が集うスーパーボウルの広告にはじまり、ビルボードが100日後に6桁の数字を下回る有料オーディエンスを指揮していたとレコードレーベルが伝えたプラットフォーム、Beats Musicもありました。

ビーツは、スターの力をアップルの音楽への探求にもたらしました。ドクター・ドレーと伝説のプロデューサー、ジミー・アイオヴィンはビーツを指揮し、ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーはBeats Musicに協力していました。はじめに、市場はその組み合わせを高く評価していませんでしたが、ビーツ・エレクトロニクスは順調に立ち上がりました。アップルは、Beats Musicのプラットフォームとライセンス契約を締結しました。その1年後、Apple Musicとしてプレミアム加入者数で見ると一見すると止まれないSpotifyを追いかけるプラットフォームとなりました。

ビーツ・ヘッドフォンの需要は、市場自体が拡大したために激しさを増しています。コンシューマー・テクノロジー・トラッカーのNPDは、これまでのホリディ・ショッピングシーズン中に、ビーツの25%のシェアとヘッドフォン市場の46%のシェアを持っていました。昨年に導入されたアップル独自のAirPodは、ニッチの中で革命的かもしれないが、アップルの30億ドル購入の結果への反論は困難なのです。

◆降参
私があなたに最後まで聞いてほしいという理由、つまり、アップルがビーツに30億ドルを費やしたとは思えない理由は、もっともコストのかかる買収であることは驚くべきことです。アップルは長年にわたり、多くの企業を買収してきました。しかし、スティーブ・ジョブスをアップルに連れ戻した1997年のNeXTの変革は、ビーツのための30億ドルの取引には至りませんでした。

アップルは、現金で2万5680億ドル、わずかな利子を得て、海外に溜めこんでいる書籍とお金に関する市場性がある有価証券を持っています。最大の買収額はわずか30億ドルにすぎないという理由は、ありません。アップルには目立った変化を起こす買収の手段を持っていますが、既存の製品ラインに組み込める小規模な技術部分に固執しています。他により多くを費やさなかったために、アップルがビーツ・エレクトロニクスに30億ドルを費やしたことが信じられないのです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ウェーブ・ライフ・サイエンシズ   アルファベット   ワン・ホライゾン・グループ   3Dシステムズ   Credit Suisse X-Links Multi-Asset High Income Exchange Traded Notes   テスラモーターズ   Minerals Technologies Inc.   チャイナ・ロッジング・グループ   リジェネロン   オラクル   ユニバーサル・ディスプレイ・コーポレーション   セールスフォース・ドットコム   サンドリッジ・パーミアン・トラスト   サミット・ファイナンシャル・グループ   ワーキバ   テキサス・インスツルメンツ   ヌビーン・カリフォルニア・ディビデンド・アドバンテージ・ミュニシパル・ファンド   Andina Acquisition Corp. II Right   アリババ・グループ・ホールディング   アイ・ビー・エム   イーグル・マテリアルズ  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング