アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル、2018年iPhoneにProMotionディスプレイが搭載されるかもしれない理由

日本時間: 2017年6月21日 22時7分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)は世界開発者会議(WWDC)で、2つの新型iPad Proモデルを発表しました。とりわけ、これらの新しいタブレットには、アップルがProMotionディスプレイとして市場化するものが含まれています。

これまでのiPad、および現在のiPhoneディスプレイでは毎秒60回であるのに対して、これらの新型iPadディスプレイは本質的に毎秒120回リフレッシュします。リフレッシュレートが速くなればなるほど、スムーズで優れたユーザーエクスペリエンスが得られ、新型タブレットには興味深いセールスポイントとなるはずなのです。

私は過去に、標準モデルでもOLEDディスプレイを持つプレミアムモデルでもない今年の新型iPhoneモデルが、ProMotion技術を搭載することを予想していないと書いたことがあります。けれども、もちろん、これはむしろ間違いのようです。

しかしながら、少なくとも来年発売される最上位機種である2018年iPhoneモデルが、ProMotion技術を採用する予定であるということにとてもよい機会があると思われます。理由は次のとおりです。

◆技術は、良い方向へ行くはずです
約1年かそこらで、アップルは現行iPad Proタブレットをアップグレードする必要があります。KGIセキュリティーズのアナリスト、ミンチー・クオ氏によると、アップルの次世代iPad Proタブレットには有機発光ダイオード(OLED)ディスプレイが含まれるとのことです。これらのディスプレイは、iPhoneとiPad、Macのラインナップで使用される液晶ディスプレイに比べ、優れたコントラスト比やより速いピクセル応答時間などの利点を提供することで知られています。

アップルは、次世代iPad ProモデルにProMotionディスプレイを搭載する必要があります。さもなければ、アップルは世代を超えたディスプレイ技術に回帰するでしょう。iPad製品の発売サイクルはiPhoneほど厳格ではないようであるけれども、アップルとそのディスプレイパートナーは、約1年で10.5/12.9インチのProMotion OLEDディスプレイを出荷する準備ができている必要があるのです。

アップルが次期iPad Proモデル、つまり2018年のiPhoneモデルの前に起動するであろうデバイスにおける技術の準備が必要である場合、次世代iPhoneの一部でこの技術を展開する準備ができていると考えるのは難しくありません。したがって、したがって、アップルの2018年iPhone最高機種のおもなセールスポイントの1つは、ProMotionディスプレイであり、おそらく湾曲したディスプレイであるかもしれないと予測されるでしょう。

実際に、ハイエンドモデル用にProMotionを取っておきながら、アップルが標準的iPhoneモデルを、今年に予定されているLCDよりもまだ改善されている低速OLEDディスプレイに移行したということが見られました。

◆アップルへの示唆
投資家のコンセンサスは、今年のiPhoneが待望のフォームファクタの変更とOELDディスプレイへの移行などによって引き起こされる「スーパーサイクル」を誘発する態勢を整えているということです。

アップルがプレミアム2017年iPhoneからプレミアム2018年モデルへ、世代を超えて根本的に別のフォームファクタの変化を提供する可能性は低いです。けれども、ユーザーエクスペリエンスを明白に向上させる機能とも言えるProMotionディスプレイなどの機能は、潜在的なiPhone 8のスーパーサイクルに続いて顧客の関心を高く保つことができるでしょう。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

RSAインシュアランス・グループ   AdvisorShares Trust Gartman Gold/British Pound ETF   アルコア   ロッキード・マーティン   アップルホスピタリティ・リート   アルファベット   インベストメント・テクノロジー・グループ   Enersis Americas SA ADR   ラッシュ・エンタープライズ   Endurance Specialty Holdings Ltd Depositary Shares each Representing a 1/1000th Interest in a Share of 6.350% Non-Cumulative Preferred Shares Series C $1.00 par   Flushing Financial Corporation   CKE・レストランズ   USスチール   クラフトフーズ   ベライゾン・コミュニケーションズ   エドワーズ・ライフサイエンス   ロッキー・マウンテン・チョコレート・ファクトリー   テラデータ・コーポレーション   URS Corp.   ペン・ナショナル・ゲーミング   テスラモーターズ  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング