アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル、電子健康記録問題の解決を望む

日本時間: 2017年6月15日 22時30分 公開

電子健康記録(EHR)は、医療業界にとって長い間達成することが困難な課題でした。2017年、人々が自分の全健康記録を見るための中心に据えるべき記録が実際になく、そのデータがいかに重要であるかを考慮するのはかなりおかしいものです。もっとも顕著な課題は、記録の電子化における高いコストとEHRプラットフォーム間の相互運用性でした。プラクティス・フュージョン(EHRベンダーそのもの)によると、断片化されたスペースに約1,100人のEHRベンダーがいるとのことです。

アップル(NASDAQ:AAPL)はこの問題解決を支援したいと考えており、その過程でiPhoneを健康データの中心点にするのです。

◆アップル、すでに基盤を所持
CNBCの報告によると、アップルは、クラウドに潜在的に格納され、アクセスされる可能性があるiPhone上の集中EHRリポジトリの作成のために、医療業界の開発者とステークホルダーとの調整を任されている「秘密のチーム」を集結させているとのことです。フィットネス使用事例を強く強調するApple Watchのおかげで、アップルは長年にわたって医療部門を拡大してきました。

最重要なビジョンは、人々が自分の健康記録を持ち歩くことができ、暗号化され、Touch IDのみでアクセスできるようなデータが安全で個人的であると確信できることです。ユーザーは必要に応じて、医療提供者とデータを共有することができます。

アップルはすでに、そのようなプラットフォーム向けの緩い基盤を持っています。2014年、歩数や活動レベルなどの情報を含む健康管理データを収集・集計する場所として、ヘルスアプリのリリースを発表しました。すでにヘルスアプリは、記録を保存・共有できますが、入力ソースによって制限されているのです:特定のHealthKit対応デバイスのみが、データをヘルスアプリに転送できます。多くのそのようなデバイスは高価で、市場は同様に細分化されています。

この報告書によると、アップルはアルゴノート・プロジェクト(The Argonaut Project)やカーリン・アライアンス(The Carin Alliance)などの相互運用性問題に取り組んでいる医療IT業界団体と話し合っているとのことです。

◆ヘルスケアが非常に複雑であることを誰が知っていたか
ヘルスケアは非常に複雑な業界で、アップルのような大規模リソースを自由に使える企業にとってもいかに難しいであるかを証明しています。健康とフィットネスに関するアップルの成長志向は、CEOのティム・クックにあります。彼は、毎朝午前5時にジムに出る前に午前3時45分に起床するほど、アクティブなフィットネス愛好家であると知られています。フィットネス使用事例は、Apple Watchの目玉機能であることは証明されていません。けれども、Apple Watchは追跡デバイスのほうが多く、その小さなフォームファクタのために、よい記録保持ツールとは思われていません。

しかしながら、アップルがEHRパズルのまったく異なるパーツをまとめ、組み立て続けるうちに、その製品をさらに差別化しながら、大規模な産業の近代化に貢献することができます。アップルが、人々の健康に意味のある影響を与えられることは可能なことなのです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

スターバックス   SPDR・ブラックストーン/GSO・シニアローン・ETF   アマゾン.com   iシェアーズ・MSCI新興国ミニマム・ボラティリティETF   エクスワン   アメリカン・エキスプレス   アプライド・マテリアルズ   ディアジオ   Cerecor Inc. Class A Warrants   チャイナ・イースタン・エアラインズ   Peritus High Yield   センサータ·テクノロジーズ   アルティメット・ソフトウェア・グループ   パラティン・テクノロジーズ   テスラモーターズ   KraneShares CSI China Internet ETF   CFインダストリーズ・ホールディングス   キャプステッド・モーゲージ   ハーモニー・ゴールド・マイニング   エヌビディアコーポレーション   スクエア  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング