アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラ、クロスカントリー自律車両の今年中の実演を計画

日本時間: 2017年5月13日 3時22分 公開

テスラ(NASDAQ:TSLA)が昨年10月、出荷するすべての車に自律走行を必要とするセンサーを含むことを始めたと発表した時、ある大きな問題点がありました。自動運転を可能にするためのソフトウェアアップデートの前に、基礎となるソフトウェアとシステムを改良する必要があります。さらに言えば、テスラがこの技術を有効にするには、自動車の関する規制を有効にしなければなりません。

自動運転車両ができる以前に、いくつかのマイルストーンを達成する必要があると、テスラはウェブサイトで述べました。「自動運転機能は、ソフトウェアの大規模な検証と規制当局の承認に依存し、管轄区域より大きく異なる可能性があることに注意すべきだ。」

しかし、テスラの自動操縦技術の発表の際、少なくとも2017年末までに完全自律モードで全米を走る車両の実証を約束しました。2017年のほぼ5か月間、テスラはまだこの技術を実証していますか?しているということを、ムスク氏がTED Talkで話しました。

TED Talkでテスラがティーザー写真を共有した際、ムスク氏は投資家に対してテスラの自動操縦車での国内横断の計画を示唆しました。さらに、彼が自律車両技術に関する全体計画を、どのように考えているかという視点を与えました。

テスラの自動走行車に関するムスク氏の更新に対して、いくつかの覚えておくべき点があるのです。

◆テスラの自律型車両計画
1. ムスク氏、LIDARは不要と主張
いくつかの大手自動車メーカーが自律型車両技術において重要な役割を果たすLIDAR(光検出および測定技術)に賭け続けていますが、ムスク氏は視界と超音波、レーダーシステムで十分であると確信しています。

「カメラあるいは視界を解決すれば、自律性は解決されます。視界を解決しなければ、自律性は解決されません。」と、ムスク氏は説明します。「だから我々は、路面状況に非常に有効なビジョンニューラルネットに重点を置いているのです。」

LIDARについて具体的に尋ねられたとき、ムスク氏は立場を維持しました。「あなたはカメラだけで超人的になることができますし、たぶんカメラだけで人間よりも10倍もよくなるでしょう。」

2. テスラの計画中の国内横断自律走行は予定どおり
「我々は今年末までに、ロサンゼルスからニューヨークまで完全自律走行でクロスカントリーできるようになっています。」とムスク氏は述べました。11月か12月に、それを達成できると信じられています。

その旅行は、「カリフォルニアの駐車場からニューヨークの駐車場の道中、コントロールにはまったく触れられていないものになるだろう」と、ムスク氏は語りました。また、たとえ経路が動的に変更されたとしても、車両技術により国内横断旅行が十分に機能するはずであることを明確にしました。

ムスクはこのように説明しました:

面白いことは、実際にルートを動的に変更しても、そのルートが実行できると私は確信しています。だから、「ある特定のルートに本当にうまく行くつもりだ」と言えば、それはかなり簡単なのです。いったん高速道路に入ると、特定の国の高速システムのどこにでも行くことができるというのは、ほんとうによいことなのです。それは、ロサンゼルス・ニューヨーク間に限られたものではありません。その日に、シアトル・フロリダ間にも変更できるのです。

3. ムスク氏、わずか2年での完全自律運転を期待
TED Talkで、ムスク氏は、手離しで寝て、目的地に着いたら起きるだけということになるのは、わずか2年しかかからないと考えていると言いました。

このことはまた、自律型車両が100~1000人に一人の割合で追突事故を起こさないようにする必要があると述べたように、テスラが安全性の劇的な向上を期待することを示唆します。

4. 計画の一部である自律的な乗車共有ネットワーク
すべての最終目標は、テスラが完全自律型のライドシェアリングネットワークを立ち上げることです。テスラに対して、このネットワークの立ち上げが期待されているかどうかを尋ねられた際、ムスク氏は「もちろん、起こるであろう。」と述べました。

ムスク氏はまた、モデル3を独占的に使用し、友人と家族と共有し、高評価を受けている他の運転者によって使用されるかどうかを、所有者が選択できるようになるだろうと言及しました。

テスラのウェブサイトで、来年にはライドシェアリングネットワークの詳細を共有することを発表しました。

2016年にリリースされたマスタープランの第2部、または今後数年間の1万フィート先の見通しに関して、テスラは電気自動車企業の将来の重要な柱として、自律走行型自動車を挙げています。テスラは運転支援技術を改良し、オートパイロットを自律走行に近づける機能をリリースしているため、投資家は自律型車両がテスラに与える影響を考慮する必要があるのです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ギリアドサイエンシズ   ゼネラル・エレクトリック   OncoMed Pharmaceuticals Inc.   インディペンデンス・リアリティ・トラスト   メディシノバ   ウェルズ・ファーゴ   マイオカーディア   アルファベット   スクエア   アドバンスト・マイクロ・デバイセズ   エヌビディアコーポレーション   グッゲンハイムMSCIエマージング・マーケット・イコール・ウェイトETF   エルビット・システムズ   BMW   ビーコ・インスツルメンツ   パーク・エレクトロケミカル   サイケメディクス・コーポレーション   トーチマーク   アトラス・エア・ワールドワイド・ホールディングス   タワーストリーム   プロロジス  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング