アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アリババ・グループ・ホールディング(NYSE:BABA)、中国モバイル決済サービスをアメリカへ導入

日本時間: 2017年5月10日 0時45分 公開

アリババ・グループ・ホールディング(NYSE:BABA)とファースト・データ(NYSE:FDC)はアリペイ(Alipay)をアメリカに導入する契約を結んでいます。この契約条件で、アリペイは支払処理のファースト・データを使用する400万人のアメリカの商人たちに受け入れられるだろうと、ブルームバーグ・ニュースが報じました。

「これはアリペイにとって、アメリカ全域に浸透しているところに、より多くの国々に開かれるものとなるでしょう。」アリペイ・ノース・アメリカのソーイル・バドラン氏の言及をブルームバーグが引用しました。アリババは「自分たちでやろうとするのではなく、むしろ、規模を提供できるパートナーを探すエコシステムである」と、バドラン氏は付け加えました。

アリペイは、中国のモバイル決済市場のリーダーで、海外を飛び回る何百万人もの中国人顧客を促すため、世界中でその存在を拡大しています。そのモバイルウォレットは、70の国際市場で10万社以上の小売業者に受け入れられています。

今回の取引は、ブルームバーグによれば、「受け入れの観点から、アリペイをApple Payと同じ部類に置きます。」アップルのモバイル決済サービスは、アメリカの450万店舗で利用できることを、CEOのティム・クック氏は先週、アナリストたちに語りました。

ファースト・データは、商人や金融機関、カード発行者向けの商取引技術ソリューションの提供企業です。デビットカードネットワークを運用し、カード取引を処理し、加盟店に詐欺検出とデータ分析サービスを提供します。

取引に入る前、ファースト・データは2016年末にカリフォルニア州とニューヨーク州の高級店舗と提携して、アリペイを試験運用しました。その試験で、「それらの店舗では機能したが、より大きな規模で機能する可能性があることが示された」と、ファースト・データのグローバルビジネスソリューション部門の責任者、ダン・チャロン氏は述べました。「しかし、連邦国あるいは北アメリカのものとして捉える必要はなく、よりグローバルなものとして捉えられるのです。」と、チャロン氏は付け加えました。

ファースト・データ(NYSE:FDC)の株式取引は火曜日に0.45%上昇し、株は17%以上上昇しています。

アリババ・グループ・ホールディング(NYSE:BABA)の株式は好調に推移しています。午前の取引で2.30%上昇し、年初来36%を超えています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

イミューノクリン   Hecla Mining Company Preferred Stock   NYSE LISTED TEST   チャイナ・ジョジョ・ドラッグストアーズ   ヒューレット・パッカード   ホールマーク・フィナンシャル・サービス   キャンベル・スープ・カンパニー   Opus Bank   ウエスコ・エアクラフト・ホールディングス   ピムコ・インカム・ストラテジー・ファンドII   ハイアット・ホテル・コーポレーション   サウスウエスタン・エナジー   フェデックス   アメリカン・タワー   フェイスブック   パワーシェアーズ・DB・オイル・ファンド   フルメタル・ミネラルズ   エル・パソ・エレクトリック   Guggenhein Emerging Market Real Estate   Eaton Vance Tax-Managed Buy-Write Income Fund of Beneficial Interest   ファースト・ホライズン・ナショナル  

このニュースの関連企業・銘柄

ファースト・データ<FDC>
アリババ・グループ・ホールディング<BABA>

リアルタイム・検索ランキング