アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

このクレイジーなiPhone 8の噂は、本当であると思われるか?

日本時間: 2017年5月8日 20時26分 公開

MacRumorsが報告するように、J.P.Morganのアナリストは、アップル(NASDAQ:AAPL)が関心ある顧客に購入に必要な159ドルを払うように強制するよりもむしろ、iPhone 8にAirPodを含めることを選択するかもしれないと示唆しました。

MacRumorsのジョー・ロシニョール(Joe Rossignol)氏は、この予測を「風変わりな」と言いました。しかしながら、それが理にかなっているかどうか、あるいはそれが本当に「風変わりな」ものであるかどうかを知るためには、このアイデアを考える価値はあります。

このような動きの長所と短所を見てみましょう。

◆インボックス型AirPodへの賛成意見
アップルのAirPodは、明らかにその成功が証明されています。アップルのティム・クック氏が最新の収益報告で指摘しているように、AirPodは何か月も利用可能でしたが、その製品の需要バランスを達成していません。

その一部は、製造上の制約のせいかもしれませんが、AirPodの発売が12月であると考えると、アップルが製品供給を大幅に増やせたと思われます。

しかし、もし私が今日、アップルのオンラインストアからAirPodを購入したならば、その注文は6週間出荷されないでしょう。

アップルは明らかに顧客が望む製品を持っているので、AirPodの投入により、今後のプレミアムiPhoneモデルの価値提案のさらなる向上を目指すことができるのです。

◆インボックス型AirPodに対する反対意見
AirPodを投入し、顧客の需要を高めようとするのは明らかに議論があるけれども、そのような動きが理にかなっていない理由は多いです。

まず、アップルがプレミアムiPhoneにAirPodを投入すれば、必然的にiPhone 8で顧客へ販売するiPhone「パッケージ」のコストを押し上げることになるでしょう。コスト構造の増加は、おそらく需要を傷つける可能性があるデバイス価格の上昇として、またはアップルの総利益率の低下として現れるでしょう。

その他にも、今後のプレミアムiPhone 8は、興味深く素晴らしい機能が満載されたiPhoneの根本的な再設計が予測される常識という概念があります。顧客の需要は予測困難で、とくにデバイスの機能と性能、価格に関する多くのことを知らないと考えると、この製品需要はそれ自体のメリットでかなり堅固になると確信しています。

言い換えると、アップルはおそらく、iPhone 8のような製品を動かすための「わいろ」を投入する必要はありません。たしかに、アップルが生産上の障害に直面し、これらのデバイスにそのまま供給されることになるだろうという多くの報告がありました。

そして、もしiPhone 8が登場し、アップルが依然として需要を満たすためにAirPodを十分に構築しようするならば、iPhone 8のような大衆市場製品に含めることは、さらに供給と販売を制限することになる他の生産上の障害が加わる可能性があるのです。

◆可能性の査定
とくに従来の有線イヤホンよりも製造コストが大幅に高ければ、アップルがAirPodを含まないと考えることに賛成する議論が圧倒的でしょう。

デバイス自体のメリットで販売するほど、魅力的でなければならないため、時期プレミアムiPhone 8にAirPodを組込むことは、アップルにとって不要であり、危険性が高いように思えます。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アマゾン.com   カルパイン   ウェルズ・ファーゴ   ウィスダム・ツリー・ミッドキャップ・ディビデンド・ファンド   クリフ・ナチュラル・リソーシーズ   モンデリーズ・インターナショナル   フェイスブック   KBホーム   マスターカード   アルファベット   ペイパルホール・ディングス   ユーロネット・ワールドワイド   エヌビディアコーポレーション   Lindsay Corporation   ギリアドサイエンシズ   バー・ハーバー・バンクシェアーズ   ハーモニー・ゴールド・マイニング   マイケルコース·ホールディングス   テスラモーターズ   アルカテル・ルーセント   マイクロチップ・テクノロジー  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング