アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アマゾン、音声技術の競合でチャットボットツールを公開

日本時間: 2017年4月20日 3時0分 公開

アマゾン(AMZN.O)の最高技術責任者(CTO)は、音声でほぼすべてのソフトウェアが制御できるようになる日に向けて取り組んでいます。

アマゾンは水曜日、アップル(AAPL.O)のシリ(Siri)と競合する音声アシスタント、アレクサ(Alexa)で動く技術を開発者に発表し、アプリにチャット機能の組み込みができるようにしたと、CTOのワーナー・ヴォゲルス氏はインタビューで語りました。Amazon Lexのサービスは、2016年後半からプレビュー段階に入りました。

アップルとアルファベット(GOOGL.O)のグーグルとのモバイル対決に敗れた後、この動きはアマゾンがいかにして音声制御コンピューティングの一番手になるかを強調しているのです。

人の書き方・話し方の処理におけるアマゾンの進歩は、これまでの奇妙なツールよりも会話アシスタントや「チャットボット」をより役に立つものにさせると、ヴォゲルス氏は述べています。

サンフランシスコで開催されたアマゾンのクラウドコンピューティングサミットの前に、ヴォーゲル氏は「ここでは、大規模な加速が起こっている」と言いました。「自分のデータセンター、またはデスクトップ上の代わりに、クラウド内でのサービス実行について素晴らしい点は、使用する何百万もの顧客によって絶えずLexが改良されるということなのです。」

大量のデータ処理は、音声アシスタントに音声を解読させる人工知能にとって重要です。アマゾンはLexとAlexaがより多くのクエリを理解する訓練のために、テキストとアプリに送信された録音を取るでしょう。

このことは、アマゾンがデータ収集に追いつくのを手助けするかもしれません。エコー(Echo)スピーカーのようなアマゾンのAlexa搭載機器と同じくらい普及しているため、推定1000万台以上を販売してきています。アップルは数億台のiPhoneとSiri搭載のその他デバイスを販売しています。

ヴォゲルス氏は、料理の手伝いや音楽の視聴などの多くのタスクでAlexaを使用するが、携帯電話のアシスタントと話しながらの自動車運転という場面はほとんどないと述べています。

他のクラウドベースのサービスと同様に、アマゾンはLexが処理するテキストまたは音声数に基づき、開発者に料金を課すでしょう。

それでも、最大の利益は電子商取引に由来し、多くの関心をチャットボットの構築に引き付けています。アマゾンは音声での購入ができるAlexa限定の買い物サービスを提供し始めました。さらに、今週にはフェイスブック(FB.O)が、Mという仮想アシスタントによってユーザーがdelivery.comから食品を注文できると述べました。

「音声は今後、コンピューターインターフェースの大部分になる。」と、ベテランの株式アナリストで、ループ・ベンチャーズの研究責任者に就任したジーン・マンスター氏は語りました。「声を持っているなら誰でも、商取引の門戸になるだろう。」

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

Timberline Resources Corp   ツイッター   アリババ・グループ・ホールディング   USスチール   ハーモニー・ゴールド・マイニング   アバゴ・テクノロジーズ   サイバーアーク・ソフトウェア   プロクターアンドギャンブル   Southern First Bancshares Inc.   シェイク・シャック   アマゾン.com   オリン・コーポレーション   ガフィサ   シティグループ   バリック・ゴールド   ゼネラルモーターズ   3Dシステムズ   ペイパルホール・ディングス   グルーポン   アルベマール・コーポレーション   アメリカン・リーナル・アソシエイツ・ホールディングス  

このニュースの関連企業・銘柄

アマゾン.com<AMZN>

リアルタイム・検索ランキング