アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル、当初ジョブス氏によって計画された糖尿病治療の秘密チームを結成しようとしている

日本時間: 2017年4月14日 4時30分 公開

アップルは、秘密のイニシアチブの一環として、バ糖尿病を治療するためのセンサーの開発を進めるイオメディカルエンジニアのチームを雇用しました。この秘密のイニシアチブは、共同創業者のスティーブ・ジョブス氏がのちに考えていたものです。この問題に精通した3人を引用しながら、CNBCは報道しました。

これに対し、アップルの広報担当者はコメントを拒否したのです。

CNBCによると、エンジニアたちは本社の近くにあるカリフォルニア州パロアルトのオフィスで働くことが予想されています。

生物学とソフトウェア、ハードウェアを組み合わせたハイテク機器を使用しながら慢性疾患に取り組むために企業が力を合わせているため、医薬品と技術との境界線があいまいなっているときに、ニュースになりました。そのことにより、バイオエレクトロニクスと呼ばれる、新規分野の医学が飛躍的に進歩するようになったのです。

昨年、グラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline Plc)とグーグルの親会社であるアルファベットが、個々の神経と結びつけることによって病気と闘うバイオエレクトロニクス・デバイスのマーケティングを目指す共同会社を発表しました。

アメリカのバイオテック企業、セットポイント・メディカル(Setpoint Medical)とエンテロメディックス(EnteroMedics Inc)もまた、関節リウマチの治療と肥満における食欲の抑制で、バイオエレクトロニクスの利点をいち早く示しました。

バイオエレクトロニクスの考え方を取り上げているその他企業には、メドトロニック(Medtronic Plc)とプロテウス・デジタル・テクノロジー(Proteus Digital Technology)、サノフィ(Sanofi SA)、バイオジェン(Biogen Inc)などがあります。

アップルの株式は、水曜日の市場後にわずかに上昇しました。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

クアルコム   オールド・リパブリック・インターナショナル   Goldman Sachs Group Securities STRATS Trust for Series 2006-2   グリーン・ドット   アルファベット   グッゲンハイム・シッピング・ETF   セレクティス   メディシノバ   iシェアーズ・US・ヘルスケア・プロバイダーズETF   ディーア・アンド・カンパニー   エムエー・コム・テクノロジー・ソリューションズ・ホールディングス   A-Mark Precious Metals Inc.   サービスナウ   Ascent Solar Technologies Inc   ゴールド・フィールズ   Public Storage Depositary Shares Each Representing 1/1000 of a 4.95% Cumulative Preferred Share of Beneficial Interest Series D   マルチカラー・コーポレーション   iStar Inc. 7.875% Series E Cumulative Redeemable   オープンテーブル   CSGシステムズ・インターナショナル   Medley Capital Corporation 7.125% Senior Notes due 2019  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング