アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラの第1四半期の車両出荷台数はどのくらいか

日本時間: 2017年3月21日 6時0分 公開

来週、テスラ(NASDAQ:TSLA)は第1四半期を負えようとしています。このことは、電気自動車メーカーが間もなく四半期の車両出荷台数を共有する予定であることです。

テスラの第1四半期の車両出荷台数更新に先立ち、投資家が知っていることを詳しく見ていきましょう。

◆ワイルドカードの四半期
典型的には、テスラの投資家は、四半期ごとの潜在的な車両実績を確実に把握しています。しかし、テスラは第1四半期での期待内容を特定せずに、今年の上半期限定でガイダンスの提供を選択肢下目、今四半期に実績は通常よりもはるかに不確実性があるのです。

今年の上半期に、テスラは、2016年の同期間と比較して62%から72%に増加し、モデルSとモデルXで合わせて4万7,000~5万台を提供することを予測していました。

投資家はまた、顧客への車両提供で6,450台という記録的な数字で第4四半期を終え、四半期の好調なスタートを切りました。テスラが言うことは、その車両の需要が高まっているということです。経営者によると、モデルSとモデルXの受注は前年同期比で49%増加し、ほかの四半期と比べて24%高かくなりました。

しかし、四半期ごとの出荷台数は、異なる地域への出荷時期と生産上の課題によって影響されるため、この情報でさえ推測の余地がまだ残っています。したがって、投資家が第1四半期にモデルSとモデルXの出荷台数を見積もれる妥当な概算値は、今年上半期のテスラの予測を半減させたものです。テスラが第1四半期上半期に4万7,000~5万台の半分を出荷していると仮定すると、第1四半期には2万3,500~2万5,000台になると予測されます。この数字は、2016年の第4四半期には2万2,252台、2016年の第1四半期には1万4,820台となります。

投資家は、テスラの第1四半期の出荷台数が約2万3,500~2万5,000の間であることを察しているはずです。しかし、この推定値はより広範囲な期間のガイダンスから外挿で推定されているため、実際の出荷台数がこの見積もりから逸脱しても投資家は驚かないでしょう。出荷台数がこの水準から下回る、あるいは上回ったりすれば、投資家は分散の理由を検討したいかもしれません。

◆需要に応じてアップデートを探す
今後のアップデートにおけるテスラの出荷台数については、通常、四半期の終わりから3か月以内(4月1日から4月3日までの間)にリリースされるため、投資家はモデルSとモデルXの需要に応じてアップデートを探せます。

テスラの出荷台数に関する四半期更新で、テスラはこの2題の車両発注データを共有しました。たとえば、第4四半期の出荷台数に関するアップデートで、投資家はモデルSとモデルXの出荷台数は年々急激に増加し、史上最高を記録したことを知りました。

テスラが今年下半期に、3万5,000ドルのモデル3を発売する準備をしているため、第1四半期のモデルSとモデルXの需要水準は、タイムリーになるでしょう。テスラのより高価なモデルSとモデルXの半分の価格で開始されるため、テスラの2つの古い高価なモデルの売上を奪うモデル3について懸念するもっともな理由があるのです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

スプリント・ネクステル   カナディアン・ナチュラル・リソーシズ   アルファベット   CSX   ウェスタン・ガス・パートナーズ   アリスタ・ネットワークス   Minerals Technologies Inc.   アナログ・デバイセズ   カーニー・ファイナンシャル   Deep Value   シノヴァク・バイオテック   Bank of America Corporation Depositary Shares   コティ   シグマ・デザイン   ルナ・イノベーション   iシェアーズ・インディア・50・ETF   ウェルタワー   スペクトラ・エナジー・パートナーズ   Short Term Municipal Bond Active Exchange-Traded Fund   ファブリネット   Old Second Bancorp Inc.  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング