アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル(AAPL)、4月のイベントで何を見るのか

日本時間: 2017年3月15日 22時7分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)は近い将来、3つの発表があります。

・3月の特別イベントで、アップグレードされた12.9インチのiPad Proと9.7インチのiPad Airの交換を開始。
・5月または6月に、iPhone 8のデザインのヒントがある新型10.5インチiPad Pro、つまり3番目のiPadの準備が整っている。
・新しいアップルパーク「スペースシップ」キャンパスの入居日。

新しいレポートの示唆によると、アップルは同時進行にしていて、3つのすべてを組み合わせたアップルイベントを4月に開催する予定です。

◆新型iPadの遅延
アップルのiPadのラインナップは、以前と同じ仕事をしていないかもしれませんが、それでも新しくする予定です。

プロ仕様を目指したiPad Proのラインはプレミアム価格で販売されているため、事業部門の収益向上には役に立っています。けれども、マイクロソフト(NASDAQ:MSFT)のSurface Proなどの厳しい競合があります。アップルは、2015年の12.9インチiPad Proの次世代版をリリースする予定です。

この春の終わりに、まったく新しいiPad Proが出ると予想されています。この機種は10.5インチのフォームファクタで、今後のiPhone 8のデザインからヒントを得た
エッジトゥエッジディスプレイと仮想ホームボタンが付いています。そうしたことは、アップルにディスプレイは現在の9.7インチiPad Proよりも大きいが、物理的に小さなiPad Proが与えられ、プロユーザーによってはより有用なものになります。

アップルはまた、2014年にリリースされたフルサイズのコンシューマータブレットのiPad Air 2の代替品を、出荷するつもりです。

新型iPad Airと12.9インチiPad Proは、3月に発表される予定でしたが、アップルの4月のイベントでの可能性が高くなってきました。

このような動きは、アップルが今後のリリースに影響を与える可能性がある製造上の課題に取り組んでいたために、1月にうわさされていました。

◆新型iPad、使用が特定される
月曜日、9to5 Macは、分析会社がクパチーノ地区のアプリダウンロードに際して、新型iPadモデルの識別子を検出したと発表したというニュースを出しました。現在のiPadモデルはiPad 6,xとしてログに表示されますが、モデル番号はiPad 7,1とiPad 7,2、iPad 7,3、iPad 7,4と表示されていました。Wi-Fiのみのオプションにおける同バージョンとLTEを搭載したiPadの識別数が異なるので、4つの新しい識別子は必ずしも4つの新モデルを意味するとは限らないと、9to5 Macは述べています。

新型モデルは、昨年9月に登場しました。けれども、1月と2月に頻度が急速に上がったことが、新型iPadがリリース準備完了に近づいていることを示しています。

◆アップルパーク、グランドオープンの準備中
アップルの巨大な新本社であるアップルパークは、丸くてラウンドで未来的なデザインであるために「スペースシップ」と呼ばれています。

2013年から建設が始まり、その巨大な建物は五角形の3分の2の大きさで、(17メガワットの屋上太陽光発電能力を含む)最新のグリーン技術が搭載されています。そして、世界最大の曲面ガラスパネルを搭載し、その価格は50億ドルとも言われています。

アップルパークの特徴の一つは、アップルが新製品発売の発表に使用する予定の、スティーブ・ジョブス・シアターです。

アップルはすでに、1万2000人の従業員が来月にアップルパークに移転していると発表しました。したがって、新本社の開設を祝うために、4月のアップルのイベントで何かあるかもしれません。

◆新iPadとアップルパークが、大規模な4月のアップルイベントで収束するためには?
すべての製品をまとめるために、アップルはいくつかの作業を行うでしょう。
新型10.5インチのiPad Proは、とくに問題になる可能性があります(早い時期には期待されていなかった)。けれども、アップルはそれを見せびらかし、夏近くに利用できる可能性を発表するでしょう。しかし、新型製品は、デジタイムズ(Digitimes)が報告するように、4月のアップルイベントで表れるでしょう。

アップルのサプライチェーン内の情報を引用して、デジタイムズが言うことは、アップルはイベント中に新iPadだけでなく、新本社の開設も発表するということです。

2017年は、アップルにとって大規模な年となりつつあります。なぜならば、9月に10周年を迎えるiPhone 8が登場するかもしれないからです。

アップルが新本社の開所で物事を始め、スティーブ・ジョブス・シアターで最初の新製品が発売されれば、合理的なことでしょう。

4月のアップルイベントでの出来事と、大事なことになることを期待しましょう。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

マイヤーズ・インダストリーズ   アリババ・グループ・ホールディング   ウエスコ・エアクラフト・ホールディングス   アクティビジョン・ブリザード   iシェアーズ・MSCI・USA・ESG・セレクト・ソーシャル・インデックス・ファンド   マテル   ハート・ハンクス   スクエア   アルファベット   ロックウッド・ホールディングス   バンジ・リミテッド   ギリアドサイエンシズ   iシェアーズ・MSCI・KLD・400・ソーシャル・インデックス・ファンド   オーウェンズ・アンド・マイナー   イェルプ   ウォルト・ディズニー   ランズ・エンド   LoJack Corp   天然ガス・ファンド・エルピー   シュエダ・エデュケーション・グループ   ハイアット・ホテル・コーポレーション  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング