アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル(NASDAQ:AAPL)、ロシアでのiPhone価格の固定化で有罪判決

日本時間: 2017年3月15日 5時3分 公開

ロシア連邦反独占庁(Federal Antimonopoly Service)によると、アメリカのアップル(NASDAQ:AAPL)は、ロシアでの価格調整罪を認めているということです。

9to5Macとフィナンシャル・タイムズの報道で、ロシア当局はアップルが小売業者に対してiPhone 5とiPhone 6の価格を一定金額に設定させたことが判明したと述べました。

アップルはこの報告に対してまだコメントを出していないものの、以前にiPhoneメーカーは価格の固定化への関与を否定していました。メーカーは、ロシアでのiPhoneに対して「小売業者が独自の価格を設定した」と言及したのです。

報告書によると、16の小売業者は明らかにアップルが設定した固定価格でiPhoneを販売していました。

「小売業者がiPhoneを「不適切な」価格で販売していると判明された場合、アップルはその業者に連絡して価格変更を命じたり、あるいは販売契約が終了したりするリスクがあります。」と、報告されています。

ロシア連邦反独占庁の声明で、調査の結果、「ロシアでiPhone 5sとiPhone 5c、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plusの公式販売が始まって以来、ほとんどの再販業者がアップル・ロシアの推奨どおりの価格で設定し、約3か月間継続していた」ということが明らかにされたのです。

ロシア連邦反独占庁のアンドレイ・ロサリコスキー(Andrey Tsarikovsky)氏は、「アップル(NASDAQ:AAPL)は不正行為を解決するために代理店と「積極的に協力」している。」と言っています。

ロサリコスキー氏は、このように述べました。「手続きの過程で、アップルのロシア子会社は、ロシア連邦反独占庁と積極的に協力しています。そして、アップルは法律違反の解消のために必要な措置を講じており、今後も同様の違反を防ぐ方針を追求しているのです。」

アップルは、その価格を固定しても問題ないだろう。それでも、アップルにどのような罰則が科されるのかは明確ではありません。

「アップルの最悪のシナリオは、ロシアでの売上の15%の罰金が科され、数か月間という期間とは決まっていないということです。」と、9to5Macは述べています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

3Dシステムズ   アリババ・グループ・ホールディング   Body Central Corp.   アプライド・マテリアルズ   プレインズ・オール・アメリカン・パイプライン   ギリアドサイエンシズ   Kinsale Capital Group Inc.   iシェアーズ・MSCI・グローバル・ゴールド・マイナーズ   アルファベット   マイケルコース·ホールディングス   AKスチール   LGL Group Inc.   メットライフ   アップル   シートリップ・インターナショナル   コーチ   GTアドバンスト・テクノロジーズ   ING Group N.V. Perpetual Debt Securities   バスコ・データセキュリティ・インターナショナル   First Trust Indxx Global Natural Resources Income ETF   トータス・MLP・ファンド  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング