アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラ、ジュニパーのゲイリー・クラーク氏を最高情報責任者(CIO)として雇用

日本時間: 2017年3月9日 0時0分 公開

テスラは才能の宝庫で、最近加入したのはゲイリー・クラーク氏です。クラーク氏のLinkedInプロファイルによると、2月にチー最高情報責任者(CIO)に入社する前に、最高技術責任者(CTO)としてジュニバー・ネットワークスに勤務しました。

◆テスラのITチームを離れるトップエグゼクティブ
クラーク氏の学歴はかなり印象的で、それと同じく彼の職歴もテスラのCIOにふさわしいものです。クラーク氏は著名なサリー大学で理学修士号を取得し、技術ディレクターと技術サービスのトップとして、バークレイズ・グローバル・インベスターズで働いていました。

昨年、従業員の離脱はテスラにとって深刻な問題で、その中にはトップのIT役員とマネージャーがいました。1月に、テスラの前CIOのジェイ・ヴィジャヤン氏は、ステルス・スタートアップの起業家として再始動するために退職しました。

ヴィジャヤン氏は、テスラのトップ・エグゼクティブ・チームで重要な役割を果たし、現在のERPシステムは彼の努力の成果なのです。エレクトレックによると、別の損失は、ITインフラストラクチャ・オペレーション担当副社長のグル・サンカララマン氏です。

ガネーシュ・V・アイヤル氏(VMware前従業員)もテスラのCIOとして数か月間務め、2016年5月に退職しました。テスラのITリーダーシップは、彼らの退職に大きく影響を受け、そして今、クラーク氏に多大な注目が寄せられています。

◆テスラにとっての重要な時間
テスラでの4年間、ヴィジャヤン氏はカスタム電子商取引とバックエンド管理ソフトウェアの屋台骨として機能しました。また、ヴィジャヤン氏はワークフロー製造や注文処理、財務会計、供給管理などの重大な課題を遂行するワープ(Warp)・ソフトウェアの開発に大きな役割を果たしました。

エレクトレックによると、電気自動車企業は、おそらく今後のモデル3などの車両のためのテスラ3DXという新型プラットフォームを開発しているとのことです。クラーク氏がこの件に取り組むかどうか、もしあれば、彼の責任は何にあるのかまだわかりません。

クラーク氏は、初の大量生産車のモデル3のリリースで競り合っている重要な時期に、電気自動車会社に加わります。クラーク氏とは別に、ジュニパーの前従業員がテスラに参加します。エレクトレックの報告によると、元CFO/COOのロビン・デンホルム氏が、テスラの取締役会の一員になりました。

火曜日に、テスラの株価は1.04%安の248.59ドルでした。年初来、株価は16%以上上昇していますが、昨年はほぼ24%上昇しています。52週間での株式の高値は287.39ドル、安値は178.19ドルです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

Western Refining Logistics LP representing limited partner interests   アリババ・グループ・ホールディング   マクドナルド   アナログ・デバイセズ   エヌビディアコーポレーション   アルファベット   インフォシス   パルス・バイオサイエンス   シスコ   ヘルマリック・アンド・ペイン   アイ・ビー・エム   サービスマスター・グローバル・ホールディングス   ホロジック   エイト・バイ・エイト   サンディスク   アロン・USA・パートナーズ   アルベマール・コーポレーション   ウォルト・ディズニー   3Dシステムズ   サイモン・プロパティ・グループ   ディレクション・デイリー・S&P500・ブル・3X・シェアーズ  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート