アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル、静かに新iPhoneをリリースするが、すべてではない。

日本時間: 2017年3月6日 23時37分 公開

ガジェッツ・ニュースによれば、大至急出会ったものの、アップルはiPhone 6のストレージ容量を拡張し、インド(およびその他アジア諸国)で再開しました。そして、中国でも同じくゴールドの変種を販売し、3月10日から台湾モバイルを通じて正式に発売されます。

◆インドと中国で、iPhone 6を再発売
アマゾン・インディアでは、32GBのスペースグレーのiPhone 6は、435ドルで利用可能です。2014年の発売で、iPhoneは16GBと64GB、128GBのストレージオプションがありました。しかしながら、アップルはiPhone 7とiPhone 7 Plusの発売後に、全機種の容量を引き上げました。興味のあるバイヤーは、携帯電話での交換提供を利用することもできます。

アマゾンはこのことを、導入価格と期間限定提供として注意を喚起しています。ガジェッツ・ニュースによると、リニューアルされた亜種は、アップルのオンライン・オフラインでの独占販売ではなく、第三者によって提供されます。

iPhone 6に最高の機能が搭載されているということは、間違いありません。このモデルは、4.7インチHD Retinaディスプレイを備え、1.8GHZの容量と1GBのRAMを搭載したA8チップセットが搭載されています。iPhone 6のリアカメラは8メガピクセル、フロントカメラは1.2メガピクセルです。iPhone 6は、BluetoothやNFC、GPS、3.5ミリヘッドフォンジャックを含む、接続オプション付きの1,810 mAhのバッテリーで駆動されています。

カリフォルニアに本社を置くアップルは、iPhone 6を先進市場で発売する予定はなく、2016年3月に発売されたiPhone SEの販売促進を継続する予定です。さらに、今月中に予定されている発表イベントで、iPhone 6のように、iPhone SEも余分なストレージを強化するように思われています。

◆アップル、ハイエンドのOLEDスクリーン電話機に関する問題に直面
また、9月に予定されているiPhone 8の発売に伴い、盛り上がりを見せています。KGIセキュリティーズのアナリスト、ミンチー・クオ氏の指摘によると、アップルは、9月の発売前に「3Dカメラシステムに変更を加える時間はほとんどない」という理由から、ハイエンドのOLEDスクリーン電話機を時間どおりに製造することで、重要な問題に直面しているということです。

一つの選択肢として、iPhone 7の2つの変種を発表し、その後OLEDスクリーンを搭載したiPhone 8を発売することが挙げられることを、クオ氏は指摘しました。しかし、このことはアップルが通常やっていることから大きく離れているはずです。それにもかかわらず、高く待望されているiPhoneには、おそらく発売を待つ価値があるでしょう。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ブリストル・マイヤーズ・スクイブ   EGShares China Infrastructure ETF   Life Partners Holdings Inc   ペイパルホール・ディングス   レンテック   アリババ・グループ・ホールディング   アルファベット   ウィスダム・ツリー・ミッドキャップ・ディビデンド・ファンド   ツイッター   テスラモーターズ   Calamos Global Dynamic Income Fund   ゴーゴー   インテル   シェイク・シャック   プロシェアーズ・ウルトラ・MSCI・ジャパン   コーチ   First Trust Low Beta Income ETF   チャーター・コミュニケーションズ   マーシュ·アンド·マクレナン·カンパニーズ   アリスタ・ネットワークス   チュンファ・テレコム  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート