アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アマゾン(NASDAQ:AMZN)、ウォルマート・ストアーズ(NYSE:WMT)の電子商取引事業の成長を懸念すべきか

日本時間: 2017年2月27日 21時5分 公開

アマゾン(NASDAQ:AMZN)の投資家は、取引が何らかの指示である場合、ウォルマート・ストアーズ(NYSE:WMT)の第4四半期における電子商取引売上の大幅な伸びを懸念していません。けれども、現実はまったく異なっています。オンライン販売での展示は、世界最大の小売業者の再建として見ることができます。その結果、今後数か月の間に、オンラインショッピング業界での競争が激しくなる可能性があるのです。

ウォルマートの成長に関して、アマゾンがすぐに、そして長期的に心配すべきことはほとんどありません。小売業者チェーン店は、昨年9月にジェット・ドットコムを買収した後、オンラインショッピングでその注目を集めました。もちろん、単に買収しても、買収者は利益を得ることができません。最重要項目は、ジェットのCEOがジェフ・ベゾス氏以外の者によって訓練をされたことだったのです。

thestreet.comのレポートによると、オンラインマーケティング代理店のデジタルマーケティング・ドットコムのCEO、エリック・シファー氏は、ジェット・ドットコムとQuidsiを創設したマーク・ロア氏の組織離脱を許したアマゾンは、会社にコストをかけている大きな失敗であると信じています。ちなみに、Quidsiは2010年、アマゾンによって5億5000万ドルで買収されました。その結果、ロア氏はオンライン小売業者と約2年間携わっていました。

シファー氏は、ウォルマートが最終的には、世界最大のオンラインショッピング企業として、アマゾンを転落させる可能性があると考えています。ウォルマートが休暇シーズンを占める第4四半期で、前年比で29%の成長を達成し、33億ドルの収益を出したことを考慮しても、このことはいくらか楽観的に思えるかもしれません。

一方、アマゾンは第4四半期に、前年度比22%増の437億ドルに達しました。調整を除いても、純売上高は24%の増加になるでしょう。もっとも重要なことは、その成長はウォルマートのよりも大きくなっていることです。

けれども、配達に関しては最大の懸念事項です。最大手の小売業者は、オンラインショッピングリーダーに資金を提供しています。たとえば、ウォルマートは先月に、会員費無料で、より多くの買い物客を引き付ける2日以内配送サービスを開始しました。また、プライムメンバーシップとシッピングパスには違いがあります。アメリカに6,000店以上あるウォルマートは、同一時間内の宅配を開始することができます。このことは、アマゾンの同日配達サービスの悩みの種になるでしょう。

したがって、アマゾンはアマゾン・ミュージックやアマゾン・ウェブ・サービスなどの、異なる事業部門を持ち、弱点を相殺しているものの、ウォルマートの電子商取引事業の成長を軽視することはできませんでした。いずれにしても、オンライン小売業者にとって厳しい競争環境が生まれているのです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

セールスフォース・ドットコム   Perry Ellis International Inc.   シマンテック   スプランク   アパッチ・コーポレーション   マクドナルド   デボン・エナジー   テスラモーターズ   USスチール   Atlantic Capital Bancshares Inc.   WCM BNY Mellon Focused Growth ADR   ペイパルホール・ディングス   マラソン・オイル   China Customer Relations Centers Inc.   Arbor Realty Trust Cumulative Redeemable Preferred Series C   アルベマール・コーポレーション   Old Second Bancorp Inc.   ネットフリックス   ホワイティング・ペトロリアム   ペプシコ   VFコーポレーション  

このニュースの関連企業・銘柄

アマゾン.com<AMZN>
ウォルマート・ストアーズ<WMT>

リアルタイム・検索ランキング