アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル(AAPL)、赤いiPhone 7を準備中?

日本時間: 2017年2月22日 0時45分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)は、今後6か月以内に課題に直面します。秋には、まったく新しいiPhone 8が登場する予定です。ライバルのサムスン・エレクトロニクス(OTCMKTS:SSNLF)は、今後数週間以内にGalaxy S8に対して全力で取り組むでしょう。アップルのファンが新型iPhoneに移行するという脅威とサムスンがその注目を集めるというリスクがある中、アップルはどのようにしてiPhone 7の販売を継続するのでしょうか?

おそらく、アップルが好む一つの戦略、つまり、新色のリリースにたどり着くように思えます。もし日本のアップルブログ、Mac Otakaraが正しければ、我々は3月に赤いiPhone 7を見ることができるでしょう。

◆アップル、iPhone販売の急落に直面する可能性
アップルは、iPhone販売の周期的な変動に慣れています。新型iPhoneモデルが発売される秋に向けて、この数字は遅くなる傾向にあります。しかし今年は、コンフルエンスの要因により、その減速をはるかに顕著させることができます。

最大の要因は、iPhone 8です。iPhone 7では、アップルは最初の3年間の製品開発サイクルを短縮しています。つまり、次の6か月間で購入させるようにするiPhoneは、iPhone 6やiPhone 6とほぼ同じように見えます。

すでに厳しい売上である可能性があります。しかし、これまでと違い、魅力的な新機能を提供するiPhone 8は、新しいサイクルの始まりだけでなく、10周年のiPhoneでもあります。誰しもアップルがあっと驚かせることをするだろうと見ています。完全に新しい(おそらく根本的に新しい)iPhone 8がほんの数か月先にあるのであれば、なぜ普通のiPhone 7を購入するのでしょうか?

それから、Galaxy S8があります。サムスンは、上位フラッグシップスマートフォンを販売するアップルの伝統的なライバルです。Galaxy Note 7のバッテリー爆発の危険性により、スマートフォンの販売・評判を得た後に、サムスンはGalaxy S8でその巻き返しを図ろうとしています。フェンスシッターやアップグレード業者、スマートフォン購入者に対して魅力的なものになることから、今後6か月間はアップルにとって厳しいものになるでしょう。

◆その答えは...赤いiPhone 7?
アップルには、たくさんのオプションがありません。iPhonの価格引き下げの可能性があるが、しないでしょう。そのことにより、iPhone 8のリリースを押し上げるかもしれませんが、多くのリスクを伴います。

Mac Otakaraによると、その代わりにアップルの販売戦略の一つである新色の販売があります。新色だけではありません。ブログ(これらの予測の多くが正しいという評判がある)によると、アップルは3月に赤いiPhone 7をリリースすることを示唆しています。

アップルには、後退した製品に低リスク・低コストで新しい関心を寄せ集めるために、新色を導入するという長い歴史があります。iPodのラインナップでこの戦略を完成させ、毎年にわたり新色を発表してきました。このことは、iPadとMacBookでも行われ、ローズゴールドのような新しいバリエーションを追加しました。

実際に、iPhone 7ではその戦略を使用しており、発売時に光沢のあるジェットブラックオプションを導入しました。

アップルがスマートフォンで大胆な色を出すというのは、赤いiPhone 7が初めてになるでしょう。私は、幅広いコンシューマエレクトロニクス向けの新しい出現を販売することで成功した企業、カラーウェアのスキンジェネレーターを使用して、実物大模型を作っていました。間違いなく、赤いiPhone 7は注目の的になるでしょう。

アップルは、(PRPDUCT)REDのもとで、そのようなデバイスをリリースすることさえできるでしょう。(PRPDUCT)REDは、エイズと闘うための世界的資金に貢献する一連の赤いアップル製品です。これらのほとんどは付属品ですが、赤いiPhone 7はそこにフィットするでしょう。そして、マーケティング戦略のように思われないように、アップルにとって(PRODUCT)REDイニシアチブの一環としてスマートフォンの宣伝にもなるでしょう。

Mac Otakaraによると、アップルがiPad Proのラインナップを更新する予定ある3月に赤いiPhone 7が登場するとのことです。大胆で光沢のある新色が、iPhone 8のリードアップの盛り上につながるためのiPhone売上高を維持させるでしょうか?

このことはよい疑問であり、今年のアップルの収益に重大な影響を与えるものでしょう。アップルには、ほかにもいくつかの選択肢があり、新しい赤いiPhone 7で賭けに出てもよいかもしれません。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

バンク・オブ・コマース・ホールディングス   iシェアーズ北米天然資源ETF   Yulong Eco-Materials Limited   ファイヤーアイ   キャタピラー   ノバルティス   プリンシパル・ファイナンシャル・グループ   シティグループ   Pacific Gas & Electric Co. 6% Preferred Stock   プロシェアーズ・ウルトラショート・ユーロ   ホーム・デポ   バイオクリスト・ファーマシューティカルズ   フォーティブ   コカ・コーラ・エンタープライズ   レント・ア・センター   エヌビディアコーポレーション   マスターカード   アカディア・ヘルスケア   アメディスィス   クリフ・ナチュラル・リソーシーズ   アキリオン・ファーマシューティカルズ  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング