アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル、トランプ氏のiPhone製造計画について異論を持つ可能性

日本時間: 2017年2月16日 23時37分 公開

アップルは、トランプ氏を怒らせることを気にしていません。アメリカ大統領は当初から、アップルの低エネルギーで、経済的に賢明な海外製造を攻撃してきました。iPhoneメーカーは今まで、この議論への明言を避けてきましたが、BRGによると、CFOのルカ・マエストリ氏は中国での店舗閉鎖の予定はないというコメントを発表しました。

◆アップルの海外生産計画にいまだ明瞭さがない
ゴールドマン・サックスの会議における海外製造に関する質問に対して、マエストリ氏はこのように述べました。「我々がワシントンで議論しているポイントの一つは、過去10年間に我々はアメリカ経済にとても大きく貢献をしてきたという事実です。アメリカに、何十億もの投資をしてきました。この10年間で、我々はこの国で、小売店での開発者コミュニティにおけるコールセンター、およびサプライヤーチェーンを通じて、約200万人の雇用を創出してきました。」

マエストリ氏はその後、アップルのアメリカにあるコールセンターについて言及しました。とくに、トランプ氏が特定のポリシーを説明していない場合、アップルの製造計画を推測することは非常に難しいことを付け加えました。彼は、輸入製品に対して国境税を課すことは、エンドユーザーに負担をかけることになるだろうと注意しています。

このことはまた、アップルはトランプ氏との議論の場からiPhone製造を外そうとしている別の試みを意味しています。BGRによると、iPhoneメーカーは、サポートセンターなどの付随サービスをアメリカに戻しても構わないようですが、iPhoneのサプライチェーン全体を動かすことは望んでいません。

アップルのiPhone製造は、かなりのニュースになっています。報告によると、アップルは子会社に対して、トランプ氏の選挙賞直後にiPhone製造の実現可能性を検証するように呼びかけました。このことは、ブライトバートに(真実ではない)話を出させました。つまり、シリコンバレーはトランプ氏に従い、アップルはアメリカでiPhoneを製造するという内容です。

◆アップル、スマートフォンの戦いでトップに戻る
一方、過去8四半期にはじめて、アップルはサムスンにリードし、世界のトップスマートフォン製造業者になりました。ガートナーによると、重要な休暇シーズンに、アップルはもっとも多くスマートフォンを出荷し、わずかにサムスンをリードしました。

ガートナーの予測によると、アップルは第4四半期に約7,704万台のスマートフォンを出荷し、サムスンの7,678万台をわずかに上回りました。これに基づくと、世界のスマートフォン市場におけるアップルのシェアは17.9%で、サムスンは17.8%です。CNBCによると、これはガードナーが記録したもっとも小さな差です。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

コカ・コーラ   E-Digital Corporation   ファイザー   iシェアーズ・日本大型株ETF   エヌビディアコーポレーション   トライ・ポイント・ホームズ   アップル   ロイヤルグローブ·ホールディング   ファイヤーアイ   テキサス・キャピタル・バンクシェアーズ   アプライド・マテリアルズ   Direxion Daily Financial Bear 1X Shares   メディシノバ   ユニバーサル・ディスプレイ・コーポレーション   ザイリンクス   ギリアドサイエンシズ   プロクターアンドギャンブル   Guggenheim S&P 500 Top 50   ビザ   3Dシステムズ   ゼネラル・エレクトリック  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート