アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

ソロモン氏、ワシントンの元ゴールドマン・サックスが会社を避けるかもしれないことに言及

日本時間: 2017年2月16日 5時26分 公開

政府で働くために退職するゴールドマン・サックス・グループの幹部は、彼らの政策決定に変更を示すよりもむしろ、評判を損なうおそれがあるために、以前の同僚を避ける傾向が強いだろうと、社長兼COOのデービッド・M・ソロモン氏は言いました。

ソロモン氏は、ブルームバーグテレビのインタビューで、考えられる過度に影響に関する質問に答える中で、「これはほぼ逆のことだ」と述べました。「これらの人々は、自分自身への評判を持っていて、彼らはいずれにしても、自身が国のために正しいことをしていると証明したいと考えています。彼らは奉仕したいし、ある程度まで、彼らはもう少し慎重になっているのです。」

ソロモンのコメントは、最高経営責任者(CEO)のロイド・ブランクフェイン氏のものを反映していて、ホワイトハウスであまりにも多くの権力を握っている告発から会社自身を守る一つの方法として示しています。12月に、トランプ氏は当時の社長を務めたゲイリー・コーン氏を米国家経済会議委員長に、慈善団体を経営していたディナ・パウエル氏を大統領補佐官に任命しました。

今月に、エリザベス・ウォーレン氏とタミー・ボールドウィン氏の民主党上院議員が、コーン氏が政権に関与している限り「ゴールドマンに重大な間接的影響を与える」可能性があるという問題を撤回するために、コーン氏に要請しました。トランプ氏は2017年1月28日に、コーン氏のような任命人に対して、今後2年間における以前の雇用主との「直接的かつ実質的に関連する」意思決定を拒否することを求める大統領令に署名しました。

ソロモン氏はハーヴェイ・シュワルツ氏との共同会長に任命され、12月にコーン氏の後任になりました。それ以前、ソロモン氏はゴールドマン・サックスのインベストメントバンキング部門の運営に貢献しました。1999年、彼はレバレッジドファイナンス事業を構築するために、ベアー・スターンズ・コスからゴールドマン・サックスに入社しました。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

Nuveen Tax-Advantaged Dividend Growth Fund of Beneficial Interest   アルファベット   テキサス・インスツルメンツ   百度公司   インスティール・インダストリーズ   リトラクタブル・テクノロジーズ   Calamos Convertible and High Income Fund   ITTコーポレーション   スタトイル   インテュイティヴ・サージカル   メディシノバ   エビィ   グッゲンハイム・シッピング・ETF   AR Capital Acquisition Corp.   エヌビディアコーポレーション   エクスペディア   インターナショナル・ペーパー・カンパニー   ニューベイシブ   オクシデンタル·ペトロリアム   ヌビーン・プレミアム・インカム・ミュニシパル・ファンド4   コーニング  

このニュースの関連企業・銘柄

ゴールドマン・サックス<GS>

リアルタイム・検索ランキング