アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アルファベット:グーグルアシスタントはどこにでも行きますか?

日本時間: 2017年2月14日 4時7分 公開

アルファベット(NASDAQ:GOOG、NASDAQ:GOOGL)のグーグル・ピクセルフォン(Google Pixel Phone)は、サードパーティ製Androidスマートフォンよりも大きな利点を持っています。そのリリース以来、新しいAI機能のパーソナルアシスタントであるグーグルアシスタントは、ピクセルフォンを排他的にしています。サードパーティのスマートフォンは、前世代のグーグル・ナウには魅力的です。しかしながら、先週にグーグルがアンドロイドの「アルファ」ビルドをリリースし、新アンドロイドのリリースによりサードパーティのスマートフォンで、グーグルアシスタントが使用できるようになりました。

グーグルのサードパーティ製アンドロイドスマートフォンのパートナーは、去年の秋のピクセルフォンのリリース以来、期待外れを感じています。

それまで、グーグルはそれらと直接競合していませんでした。アンドロイドを開発し、無料で携帯電話オペレーティングシステムを使用できました。グーグルは、Nexusラインをリリースしました。けれども、それらはパートナーとの競合よりも、アンドロイドの見本のようになってしまいました。

◆ピクセルフォンのグーグルアシスタントの優位性
ピクセルフォンは、これまでの様式を変更しました。はじめてグーグルの名前が刻印され、アンドロイドスマートフォンの最高位と競合するように設計されました。また、新しいアンドロイドの重要機能(グーグルアシスタント)が、ピクセルフォン専用だったことです。グーグルアシスタントは、アルファベットの最新AI技術をパーソナルデジタルアシスタントで活用しています。

この状況は、アンドロイドスマートフォンのリーダーであるサムスン・エレクトロニック(OTCMKTS:SSNLF)に、独自のパーソナルアシスタントが必要であることを納得させるほど深刻なものでした。サムスンのBixbyは、Galaxy S8でデビューする予定です。

◆新しいアンドロイドのリリースの漏えい:すべてはグーグルアシスタントのため?
アンドロイド・ポリスは週末に、アンドロイドの「アルファ」リリースを検証し、グーグルがグーグルアシスタントそのものを維持するという気持ちの変化を起こしている可能性があることを発見しました。

そのチームは、ピクセル以外のいくつかのスマートフォンで、グーグルアシスタントを有効に使用出来ました。

このことは、グーグルが今後予定されている新型アンドロイドのリリースで、サードパーティのスマートフォンにおけるグーグルアシスタント利用可能性を検証していることを意味しています。

◆このことは、ピクセルフォンをどこに置くのだろうか?
グーグルのピクセルフは、プレミアムデザインと素晴らしいカメラを備えている一方、
サードパーティのスマートフォンにおける利点は、グーグルアシスタントの独占的な利用可能性です。それを取り除くと、多かれ少なかれサムスンと競合しています。たしかに、ピクセルフォンはアンドロイドのアップデートが保証されていますが、Nexsusの携帯電話と変わりはありません。

AIとデジタルアシスタントが脚光を浴びたとともに、グーグルは、グーグルアシスタントをアンドロイドの標準機能とすることは、アップル(NASDAQ:AAPL)のiPhoneとSiriに対して優位性を維持するために重要です。

数日前、スマートホームのアマゾン(NASDAQ:AMZN)とグーグルの闘いについて書きました。アマゾンエコーとアレクサが大きなリードを奪い、グーグルホームスピーカーとピクセルフォンでのグーグルアシスタントの使用は、そのリードに追いつくには十分でないかもしれません。独占権を放棄し、サードパーティのスマートフォンでグーグルアシスタントを有効にするならば、グーグルは突然に使用可能なデバイスを追加するでしょう。このことは、アマゾンにとってはるかに多くの活用を与えるでしょう。

そしてピクセルフォンを、グーグルアシスタントを用いた「最初の電話」として販売してきました。つまり、「唯一の電話」ではなく、最終的な一般公開に余地を残したままです。

もちろん、この時点でグーグルが引き金を引くことは確実ではありません。話題になっている新アンドロイドのリリースは、ベータ版より前のアルファ版ソフトウェアです。
もしかしたら、サードパーティのハードウェアとグーグルアシスタントとの互換性をテストしている開発者もいるかもしれません。しかしながら、「新しい!グーグルアシスタントを入手」というようなメッセージのヒントは、グーグルがピクセルフォンの独占権を終了し、一般的なアンドロイドのリリースの一部としてAI機能搭載を展開しようとする方向に傾いていることを提示しています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

CFインダストリーズ・ホールディングス   キャプステッド・モーゲージ   ハーモニー・ゴールド・マイニング   エヌビディアコーポレーション   スクエア   タワー・セミコンダクター   アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド   シンクレア・ブロードキャスト・グループ   アリババ・グループ・ホールディング   ホーム・インズ・アンド・ホテルズ・マネジメント   バラード・パワー・システムズ   グッゲンハイム・エンハンスド・エクイティ・ストラテジー・ファンド   ファイザー   アジレント・テクノロジー   アマゾン.com   メディシノバ   アイロボット・コーポレーション   アルファベット   スコラスティック   シャイア   テスラモーターズ  

このニュースの関連企業・銘柄

アルファベット<GOOG>
アルファベット<GOOGL>

リアルタイム・検索ランキング