アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アルファベット(NASDAQ:GOOGL)の海外保存電子メールに対する裁判所命令に投資家困惑

日本時間: 2017年2月6日 21時47分 公開

投資家は、アルファベット(NASDAQ:GOOGL)のグーグルに対して、裁判所が海外に保管された電子メールの作成をする命令をしたことに困惑しています。というのも、別の大手企業マイクロソフト(NASDAQ:MSFT)が関与する上訴法廷の見解とは対照的だからです。両者が直面する問題は、類似していると考えられます。

PCWorld.comの報告によると、ペンシルバニア連邦裁判所は、アルファベットに対して通信記録法(Stored Communications Act)に基づく捜索令状を遵守するよう命令しました。その命令はまた、アルファベットに海外に保存されている顧客の電子メールを、2つの刑事捜査で政府が利用できるようにすることを望んでいました。裁判所は、そのようなものは外国での特定人物、またはその人のデータの差し押え・検索として呼ばれることはありえないと信じていました。

裁判所は、外国のサーバーからカリフォルニアのデータセンターへのデータ転送は、差し押さえにならないと考えました。また、連邦裁判所は、アカウント保有者の占有権易に関して、干渉はなかったとも考えました。それとは別に、検索エンジンの巨人のアルゴリズムは、顧客に知られることなく、定期的にユーザーデータを転送します。

プライバシー問題を参照すると、裁判官は検索がアメリカ国内で行われているため、侵害ではないと考えています。したがって、裁判所は、グーグルに対して外国に保管されている電子メールを作成するように指示したのです。

アルファベットは、上訴法廷がそれ自体を弁明する前に、マイクロソフトが関与するケースを引き合いに出しました。第2巡回裁判所は、アイルランドにあるサーバーに保管されている電子メールの内容を明らかにする必要があるという判決を、無効にしました。第2巡回裁判所は、通信記録法が裁判所に対して、外国サーバーに保管されている電子メールコンテンツの告知・検索を行う権限を与えていないという判断をしました。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アリババ・グループ・ホールディング   コーセプト・セラピューティクス   アイ・ビー・エム   テスラモーターズ   ファイザー   シーティーエス   サービスナウ   アドビシステムズ   バラード・パワー・システムズ   CombiMatrix Corporation Warrant   コカ・コーラ   サザビーズ   スクエア   インテル   スターバックス   SPDR・ブラックストーン/GSO・シニアローン・ETF   アマゾン.com   iシェアーズ・MSCI新興国ミニマム・ボラティリティETF   エクスワン   アメリカン・エキスプレス   アプライド・マテリアルズ  

このニュースの関連企業・銘柄

マイクロソフト<MSFT>
アルファベット<GOOG>
アルファベット<GOOGL>

リアルタイム・検索ランキング