アメリカ株ドットコム

株価検索
ダウ平均構成銘柄
トレンド銘柄
モバイルニュース一覧
海外投資家の売り越し過去最高、中国の米債保有7カ月ぶり増=12月対米証券投資 米財務省が15発表した12月の対米証券投資統計によると、海外投資家による米国債の売り越しが過去最大となった。]
NY市場サマリー(15日) <為替> ドルが値下がりした。サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁が、年内の利上げは不要との考えを示唆し、ハト派的な発言と受け止められた。]
ドル下落、FRB当局者のハト派発言受け=NY外為 ニューヨーク外為市場でドルが値下がりした。サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁が、年内の利上げは不要との考えを示唆し、ハト派的な発言と受け止められた。]
中国のマクロ・レバレッジ・レシオ、引き続き安定=人民銀幹部 中国人民銀行(中央銀行)の金融政策局トップ、Sun Guofeng氏は15日、中国のマクロ・レバレッジ・レシオは引き続き安定しているとの見方を示した。]
米国株が上昇、米中通商合意への期待で ダウ・ナスダック8週連続値上がり 米国株式市場は主要株価3指数がそろって上昇。米中が貿易摩擦解消に向け通商合意にこぎ着けるとの期待が株価への追い風となった。]
欧州市場サマリー(15日) 銀行大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)は2.4%上昇した。配当が市場予想を上回ったほか、2018年の利益が倍以上増えたとの決算発表が好感された。]
米FRB、今年は利上げの必要ない─SF連銀総裁=新聞 米サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁は15日、経済成長の減速に加え、インフレが抑制されていることを踏まえると、連邦準備理事会(FRB)は年内に利上げを実施する必要はないとの考えを示した。]
フィッチ、19年のイタリア経済成長率見通しを0.3%に引き下げ 格付け会社フィッチ・レーティングスは15日、2019年のイタリア経済成長率見通しを12月時の1.1%から0.3%に引き下げた。]
米エコノミック・サプライズ指数、週間低下幅が11年6月以降で最大 米シティ・リサーチが算出する米指標のエコノミック・サプライズ指数が今週40.7ポイント低下した。週間の低下幅は2011年6月以降で最大となった。]
ユーロ圏の19年成長率予想を1%に引き下げ=フィッチ 格付け会社フィッチ・レーティングスは15日、ユーロ圏の2019年成長率予想を1%に引き下げ、欧州中央銀行(ECB)が量的緩和を再開する可能性があると指摘した。]
i-mobile
[0]TOPへ戻る