アメリカ株ドットコム

株価検索
ダウ平均構成銘柄
トレンド銘柄
モバイルニュース一覧
イタリア政府、財政赤字巡る討議を来週に延期の公算=政権幹部 イタリア政権の幹部、ジャンカルロ・ジョルジェッティ氏は26日に予定されている財政赤字削減の新たな目標を討議する会議が来週に延期される可能性があることを明らかにした。]
中国、中小企業の融資コスト引き下げ策強化 景気支援へ 中国国務院(内閣に相当)は中小企業向けの融資コストを引き下げる措置を強化した。国営テレビが26日伝えた。]
トランプ氏、FRB議長を批判 「中国との競争に利下げ必要」 トランプ米大統領は26日、自国通貨を切り下げている国と米国が競争できるよう、連邦準備理事会(FRB)に対し利下げを実施するよう再度呼び掛けた。]
仏大統領、ゴーン氏巡り推定無罪の原則注視 日仏首脳が会談 20カ国・地域(G20)首脳会談(サミット)に出席するため訪日したフランスのマクロン大統領は26日、首相官邸で安倍晋三首相と首脳会談を開いた。会談後の共同記者会見で大統領は、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告に関し、「日本の司法は独立しており、フランスが介入することはあり得ない」としつつ、「推定無罪との原則、弁護する権利は尊重されるよう注視している」と強調した。]
東京マーケット・サマリー(26日) ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>]
参院選、最大争点は政治の安定 「混迷に逆戻りさせず」と安倍首相 安倍晋三首相は26日、通常国会閉幕後の記者会見で、7月21日投開票の参院選について、政治の安定が最大の争点になるとの認識を示した。12年前の「亥年選挙」で自民党が惨敗した反省に立ち、「新たな時代に混迷の政治に逆戻りさせない」との考えも併せて示した。]
監視委、日産への課徴金勧告を検討 役員報酬の過少記載で=関係筋 証券取引等監視委員会は、日産自動車に金融商品取引法違反による課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告する方向で検討を始めた。日産の前会長、カルロス・ゴーン被告の報酬を過少記載していたことが、投資判断に重大な影響を及ぼしたと監視委はみている。課徴金額は少なくとも24億円になるもよう。]
仏消費者信頼感指数、6月は101に上昇 18年4月以来の高水準 フランス国立統計経済研究所(INSEE)が発表した6月の消費者信頼感指数は101と、前月の99から上昇し、2018年4月以来の高水準となった。]
VW・FCAなど自動車大手、EUの21年排出規制で罰金も=調査 コンサルティング会社アリックスパートナーズの調査によると、自動車大手フォルクスワーゲン(VW)とフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は、欧州連合(EU)が2021年を期限に設定している排ガス規制に対応できなければ、それぞれ最大18億3000万ユーロ(20億8000万ドル)と7億4600万ユーロの罰金を科される可能性がある。]
日本フォームサービスの株式、午後2時20分から一時売買停止=東証 東証は26日、日本フォームサービスの株式を午後2時20分から一時売買停止すると発表した。過年度決算訂正に関する重要な情報が生じたためとしている。]
i-mobile
[0]TOPへ戻る